奄美の島々の楽しみ方
  • Googleプレビュー

奄美の島々の楽しみ方 (ニッポン楽楽島めぐり)
あまんゆ

1,728円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2007年02月
  • 著者/編集:   あまんゆ
  • 出版社:   双葉社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  207p
  • ISBNコード:  9784575299496

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
自然、レジャーから伝統、生活まで奄美8島のリアルライフを語るエッセイ&コラム50本収録。

【目次】(「BOOK」データベースより)
「うがみんしょ〜ら」の章(「お帰りなさい」の島-春、7年ぶりの奄美歩き、加計呂麻島に「帰りつく」/群島めぐり-島から島へめぐり、シマからシマへ歩く ほか)/「ほこらしゃ」の章(浜辺の散歩-シーカヤックに乗って浜辺の散策を楽しむ/マリンレジャー-海オンチ、大島海峡で体験ダイビングに挑む ほか)/「がしどがしど」の章(海と暮らす-美しい奄美の海で生命の明暗に触れる/奄美の野鳥-島っちゅになってさえずりをさがす ほか)/「やぁなにしぃ」の章(群島交通事情-気分は「旅の達人」で交通不便を楽しもう/黒糖焼酎-“蝶の島”で酒造家の「心意気」に酔いしれる ほか)/「ありがてさまりょをた」の章(島唄-眠るDNAも叩き起こす「六調」のエネルギー/ミュージックシーン-響け!「奄チュア」サウンド ほか)

みんなのレビュー

  • (無題)
    hndokaisg
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2007年06月28日

    「南の島」でありながら、沖縄と比べると、観光地としては知名度がかなり低い、奄美地方。
    観光ガイド本には、沖縄のおまけ、または、鹿児島の種子島・屋久島のおまけくらいにしか扱われないのが現状です。
    この奄美地方は、はまってしまうと、八重山地方、宮古地方に代表される沖縄離島に匹敵する魅力があります。
    この現状から、奄美の魅力を発信したのが、この「奄美の島の楽しみ方」です。
    この本は、通常の観光ガイドとは異なり、この島々でのすごし方を中心に、奄美の魅力が紹介されています。
    奄美の魅力を知るには、これしかありません。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,728円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      嫌われる勇気
      嫌われる勇気

      岸見一郎

      1,620円(税込)

    2. 2
      なにがあってもずっといっしょ
      なにがあってもずっといっしょ

      くさのたき

      1,296円(税込)

    3. 3
      ボクたちはみんな大人になれなかった
      ボクたちはみんな大人になれなかった

      燃え殻

      1,404円(税込)

    4. 4
      女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと
      女の子が生きていくときに、覚えていてほ…

      西原 理恵子

      1,188円(税込)

    5. 5
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ