総天然色のタイムマシーン新版
  • Googleプレビュー

総天然色のタイムマシーン新版 フルカラーでよみがえる地方私鉄の黄金時代
諸河久

5,142円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【目次】(「BOOK」データベースより)
総論ーその頃の私鉄界の状況/運炭鉄道北と南/最後の蒸機運炭鉄道/最北のトロリーライン/雪のみちのく私鉄めぐり/ウマヅラ電車ここにあり/ポール電車と電動貨車と…/フルーツラインに咲いた花/のどかな春の軽便詣で/東北・越後路の私鉄たち〔ほか〕

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
諸河久(モロカワヒサシ)
1947(昭和22)年東京都生まれ。日本大学経済学部、東京写真専門学校(現東京ビジュアルアーツ)卒業。鉄道雑誌『鉄道ファン』のスタッフを経て、フリーカメラマンに。諸河久フォト・オフィスを主宰。国内外の鉄道写真を雑誌、単行本に発表。鉄道会社のポスター、カレンダーなどの仕事も多い。「京王電鉄フォトコンテスト」「京成電鉄沿線写真コンテスト」「鉄道ファン/CANON鉄道写真コンクール」などの審査員を歴任。日本写真家協会会員、桜門鉄遊会代表幹事

吉川文夫(ヨシカワフミオ)
1932(昭和7)年東京生まれ。中学高校時代より鉄道に興味を持ち、久我山鉄道同好会を仲間と結成。住んだところが私鉄沿線だったこともあって特に私鉄が好きになり、写真を撮り、歴史を調べ、模型を作り、今日に至る。日本大学工学部卒。鉄道友の会の設立当初より会員で、元東京支部長、元副会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • wasabinosuke
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2009年02月23日

    総天然色・・・とありますが、本書前書きにもあるとおり退色が若干気になります。JTBパブリッシングから出ている発掘カラー写真シリーズの方が、コダクロームを使った写真であるせいか、上質のカラー写真集に仕上がっています。ただ、本書も貴重な写真が多く、撮影時の模様など撮影者のコメントも充実していて、貴重だと思います。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

5,142円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ