歌は主観の表現である
  • Googleプレビュー

歌は主観の表現である
加藤克巳

3,146円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1990年11月
  • 著者/編集:   加藤克巳
  • 出版社:   沖積舎
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  306p
  • ISBNコード:  9784806045489

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
いかなる客観も主観を脱却することが出来ないように、主観もまた、客観の要素を拒外しては成り立たないという迢空の名言を踏まえて、著者自らの長い間の作歌実践から自信を持って「歌は主観の表現である」と断定した。諸論はすべて深く、鋭く、厚らな至言。

【目次】(「BOOK」データベースより)
鬱然として/在るということ/抒情の原質/茂吉の『作歌40年』/人の死やよし、空穂晩年の歌/高橋新吉の詩/中野嘉一の業蹟/歌人として/政治と短歌/釈迢空と現代/新芸術派の流れ/方丈記雑考/阿部完市とその俳句・覚書/歌は主観の表現であるー内界と外界

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

3,146円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ