河口慧海日記
  • Googleプレビュー

河口慧海日記 ヒマラヤ・チベットの旅 (講談社学術文庫)
河口慧海

1,134円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2007年05月
  • 著者/編集:   河口慧海奥山直司
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  314p
  • ISBNコード:  9784061598195

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
慧海の旅行記は世に驚愕の渦を捲き起こしてきた。当時、厳重な鎖国政策をとる禁断の地への単独潜入。経典の原典を求めて、苛酷なヒマラヤ越えを敢行し、秘密のベールに包まれたチベットの実情を紹介した。砂嵐に耐え、飢えに苦しみ、強盗に遭い、大河で溺れる。本書は、近年発見されたチベット行の日記を全文掲載し、丁寧な注釈と解説を施す。また、姪の追想録も付す。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 河口慧海日記/第2部(日記に基づくヒマラヤ・チベットの旅/河口慧海の人と業績/伯父河口慧海の想い出)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
河口慧海(カワグチエカイ)
1866年大阪堺生まれ。黄檗宗の僧侶。日本チベット学の開祖。その後、在家(ウパーサカ)仏教を興す。1945年没

奥山直司(オクヤマナオジ)
1956年山形県生まれ。東北大学文学部卒業。同大学院博士課程修了。高野山大学教授。専攻は仏教文化史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    hanaterasan
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2009年09月19日

    チベット旅行記でも、チベットに入る過程はかなり書かれていましたが、これは日記なのでさらに詳しく入境ルートや心境が記されています。詳細な解説があるので、日記本文は読まなくても楽しめる一冊です。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,134円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      空也十番勝負 青春篇 恨み残さじ
      空也十番勝負 青春篇 恨み残さじ

      佐伯泰英

      699円(税込)

    2. 2
      ナミヤ雑貨店の奇蹟
      ナミヤ雑貨店の奇蹟

      東野圭吾

      734円(税込)

    3. 3
      銀翼のイカロス
      銀翼のイカロス

      池井戸 潤

      820円(税込)

    4. 4
      岳飛伝 11 烽燧の章
      岳飛伝 11 烽燧の章

      北方 謙三

      648円(税込)

    5. 5
      花咲舞が黙ってない
      花咲舞が黙ってない

      池井戸 潤

      799円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ