【9月22日10時00分~9月25日9時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
日本企業とM&A
  • Googleプレビュー

日本企業とM&A 変貌する金融システムとその評価
岡部光明

4,320円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2007年05月24日
  • 著者/編集:   岡部光明
  • 出版社:   東洋経済新報社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  363p
  • ISBNコード:  9784492653982

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書は、多面性をもつ日本企業を1つの焦点、企業の活動資金調達面で直接関わりをもつ金融市場をもう1つの焦点とし、これら両者の関係や、近年における金融市場変貌の企業への影響を多面的に描き出すとともに、そこで求められる公共政策を論じたものです。メインバンク金融や株式持合、企業ガバナンス形態、金融システムに関する独自の分析に加え、とくに最近注目される企業の合併および買収(M&A)について、詳しい分析を行うことによって、日本企業の従来の特徴、変化にさらされる現在の姿、そして政策課題について、最近の諸研究を踏まえて1つの体系的な理解を提供しています。

【目次】(「BOOK」データベースより)
本書の目的と概要/第1部 日本の企業システム:その構造および環境変化の影響(日本企業の従来の構造と行動/メインバンク制度とその機能の多面性/株式持合とその機能の多面性 ほか)/第2部 企業、金融システム、マクロ経済(企業ガバナンスと金融システムの相関:2つの類型/企業のガバナンス構造と経営効率性:実証分析/金融システムの高度化と経済発展:多国データを用いた実証分析)/第3部 新展開をみせる金融システムおよび企業ガバナンス(急増する日本のM&A:その背景および研究課題/M&Aと企業経営の安定性および効率性:実証分析/金融システムと企業ガバナンス:近年における変貌と望ましい姿 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
岡部光明(オカベミツアキ)
1968年東京大学経済学部卒業。73年米国ペンシルバニア大学修士課程修了(MBA)。日本銀行金融研究所研究第1課長、米国プリンストン大学客員講師、豪州マックオーリー大学教授などを歴任。1994年慶應義塾大学教授(総合政策学部)に就任、現在に至る。この間、英国オックスフォード大学上級客員研究員、米国ミネソタ大学客員教授などを兼任。政策・メディア博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

4,320円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ