ケア現場における心理臨床の質的研究
  • Googleプレビュー

ケア現場における心理臨床の質的研究 高齢者介護施設利用者の生活適応プロセス
小倉啓子

2,376円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2007年05月
  • 著者/編集:   小倉啓子
  • 出版社:   弘文堂
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  268p
  • ISBNコード:  9784335551147

商品説明

老いの悲しみに寄り添う、心理臨床。特別養護老人ホームにおける喜怒哀楽とコミュニケーション。

高齢者介護施設における、日々の暮らし。認知症の高齢者が感じること、考えること、訴えること。その心の声に耳を傾ける、臨床心理士。高齢者はどのように生活適応し、人生の終焉を迎えるのか? 本書は、特別養護老人ホームや老人病院における実践記録と、修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチを応用した、具体的な分析。
高齢者の心理を理解するためにも、また質的研究やその実験技法であるグラウンデッド・セオリー・アプローチを使った研究の見本としても、専門職にとって本書は必携です。

序(木下 康仁=著)
1章 特別養護老人ホーム利用者の生活適応プロセスの研究と実践の背景
2章 特別養護老人ホーム新利用者の生活適応の研究
3章 特別養護老人ホーム利用者のホーム生活に対する不安・不満の拡大化プロセス
4章 特別養護老人ホーム利用者の長期にわたる生活適応
5章 M-GTAによる分析の体験的プロセス
6章 生活適応の心理的援助

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
認知症の高齢者が感じること、考えること、訴えること。その声に耳を傾ける、臨床心理士。高齢者はどのように生活適応し、人生の終焉を迎えるのか。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 特別養護老人ホーム利用者の生活適応プロセスの研究と実践の背景/第2章 特別養護老人ホーム新利用者の生活適応の研究ー“つながり”の形成プロセス/第3章 特別養護老人ホーム利用者のホーム生活に対する不安・不満の拡大化プロセスー“個人生活ルーチン”の混乱/第4章 特別養護老人ホーム利用者の長期にわたる生活適応ー“助け合って生きる”ことから生まれる“つながり”/第5章 M-GTAによる分析の体験的プロセス/第6章 ケア現場における生活適応の心理的援助ー“つながり”の視点から

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小倉啓子(オグラケイコ)
ヤマザキ動物看護短期大学教授。日本女子大学大学院人間社会研究科博士課程修了。博士(心理学)。臨床心理士、老人福祉施設、老人病院の心理職を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,376円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ