【8月24日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
臨床心理学にとっての精神科臨床
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 医学・薬学 > 医学

臨床心理学にとっての精神科臨床 臨床の現場から学ぶ
渡辺雄三

4,536円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2007年06月
  • 著者/編集:   渡辺雄三総田純次
  • 出版社:   人文書院
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  313p
  • ISBNコード:  9784409340349

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
薬物療法や脳の研究の飛躍的な進展を通じて一般医学化の傾向を強める精神医学、心理療法や心理査定に片寄りがちの臨床心理学、その相互離反がもたらす危機的状況に取り残されるクライエントたち-。第一線の精神科医と心理臨床士が豊富な臨床経験、具体的事例を通して、精神科医、臨床心理士、看護師、ケースワーカーなどメンタルヘルスに関わるあらゆる職種が身に付けておくべき共通言語を真摯に探った稀有の論集。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 臨床心理学が学ぶべき基本的課題(精神科臨床の多面性/「虎穴に入らずんば、虎子を得ず」/こころの蠢きの坩堝としての精神科臨床/カウンセラーとして言っておきたいこと/臨床心理学の原点としての臨床の現場)/第2部 臨床の現場から学ぶ臨床心理学の課題(精神科の患者さんから学ぶべき課題/精神病理学から学ぶべき課題/精神医療とそのスタッフから学ぶべき課題/臨床の現場から学ぶ臨床心理学的査定/臨床の現場から学ぶ臨床心理学的面接/臨床の現場から学ぶ精神分析的療法/臨床の現場から学ぶユング心理学的心理療法/臨床の現場から学ぶ心理臨床家としての「姿勢」/精神科臨床から学ぶ臨床心理士としての職業的専門性/精神科臨床で働くために必要な臨床現場での研修と訓練/臨床心理士養成大学院における精神科臨床実習の実際と問題)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
渡辺雄三(ワタナベユウゾウ)
1941年生まれ、名古屋大学工学部中退。佐藤神経科病院、松蔭病院心理臨床家(常勤)を経て、1987年より渡辺雄三分析心理室心理療法家。人間環境大学/大学院教授。臨床心理士

総田純次(ソウダジュンジ)
1960年生まれ。大阪大学医学部卒。大阪大学医学部付属病院精神神経科、国立大阪南病院精神神経科での研修医、レジデント医、大阪労災病院精神神経科勤務を経て、2001年より人間環境大学助教授、2003年から臨床心理士認定協会の指定大学院も担当、現在に至る。精神科医(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

4,536円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ