【8月23日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
知についての三つの対話
  • Googleプレビュー

知についての三つの対話 (ちくま学芸文庫)
ポ-ル・K.ファイヤア-ベント

1,404円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
プラトンは観念と生活との間の深淵は対話で架橋できると考えた。対話は一般的かつ専門技術的双方の意味で哲学的であり、われわれがしっかりした基盤と信じてきたものの虚構的な性格を論証してしまうからだ。批判的合理主義的立場に対し、「anything goes」(何でもあり!)と相対的な立場をとる著者が贈る対話という知的営み。思考の盲点や偏見に陥ることなく客観的・経験的な妥当性から導き出される知への道を示し、犀利な分析と明晰な洞察による、研ぎ澄まされた批判を展開する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1の対話(1990年) 知とは何か-プラトン『テアイテトス』を題材に/第2の対話(1976年) 科学とは何か-占星術、伝統医療をめぐって/第3の対話(1989年) 知恵とは何か-物語としての知

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ファイヤアーベント,ポール・K.(Feyerabend,Paul K.)(ファイヤアーベント,ポールK.)
1924-94年。ウィーン生まれ。天文学、物理学を学んだ後、カール・ポパーに師事。UCLAバークレイ校、チューリヒ工科大学などで教鞭を執る。多様な価値観の共存が科学や知の原動力であるとした。「好戦的哲学者」「知のアナキスト」と評された20世紀の最も独創的な科学哲学者の一人

村上陽一郎(ムラカミヨウイチロウ)
1936年、東京生まれ。国際基督教大学教授、東京大学名誉教授。専門は科学史・科学哲学・科学技術社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2008年12月25日

    科学思考の問題点を示している本だと思います。世の中科学思考で全て割り切れると思っている方は一読されたほうがいいでしょう。提示された問題点を解決するのは難しいと思います。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,404円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      あきない世傳金と銀(4)
      あきない世傳金と銀(4)

      高田郁

      626円(税込)

    2. 2
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    3. 3
      岳飛伝 10 天雷の章
      岳飛伝 10 天雷の章

      北方 謙三

      648円(税込)

    4. 4
      【予約】空也十番勝負 青春篇 恨み残さじ
      【予約】空也十番勝負 青春篇 恨み残さじ

      佐伯泰英

      699円(税込)

    5. 5
      文明の衝突 上
      文明の衝突 上

      サミュエル・ハンチントン

      756円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ