脳Rギュル
  • Googleプレビュー

脳Rギュル ふかふかヘッドと少女ギゴク (ガガガ文庫)
佐藤大

740円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
2007年人類は宇宙からの“脳R電波”による驚異にさらされていた。その怪電波を受信した者は脳髄を侵され、果ては人体各部から卑猥な花弁を吹き咲かさながら絶命する。脳R化した人間を追って、幻想都市、トウキョウ孤区のビルヂング群を駆けめぐる中央機密局一の危険人物、対策員“青年ボーイ”ギヤマと、夢見がちで妄想過多な天然元気女子高生対策員“少女ガール”シイ。群衆に紛れ込む脳R人間にシイが下半身で共振反応したとき、ギヤマの握る吐出ガンの引き金は下ろされる!異端文学の魔人・夢野久作のスパイSF短篇「人間レコード」を佐藤大が大胆に“跳訳”!前代未聞・空前絶後の綺想活劇ラブストーリー。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
佐藤大(サトウダイ)
1969年生まれ。19歳で、秋元康主宰のソールドアウトと契約、放送構成・作詞の分野でキャリアをスタート。ゲームフリークへの移籍を経て独立。企画会社フロッグネーションを設立。脚本代表作は『カウボーイビバップ』『攻殻機動隊S.A.C.』『サムライチャンプルー』『交響詩篇エウレカセブン』『FREEDOM』など。07年秋には脚本家集団「ストーリーライダーズ」を結成

夢野久作(ユメノキュウサク)
1889年福岡県生。新聞記者を経て1922年に童話『白髪小僧』を発表。1926年探偵小説誌『新青年』掲載「あやかしの鼓」で小説家本格デビュー。探偵小説風味から怪奇幻想風味までその作風は幅広いが、“脳髄の地獄”という未曾有のテーマに取り組んだ実験的な短編を数多く残す。1935年には「人間の脳髄はプロジェクターに過ぎない」という独自の精神理論をもとに構想、執筆した“幻魔怪奇長編小説”「ドグラ・マグラ」を発表、その翌年に死亡(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • bousou315
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2008年03月18日

    昭和初期の伝奇作家・夢野久作の著作「人間レコード」を佐藤大が完全にリニューアル(?)した。舞台は2007年となっているが、平成の現在ではなく、そのまま舞台は昭和一桁の頃のままに思えた。
    元の原作は読んだことは無いが、小学校の頃に江戸川乱歩シリーズを愛読していた自分にとって、また昭和伝奇小説は好きなジャンルの一つなので楽しめた。
    なので、カバーから受けるイメージで買ってはいけないかも知れぬ。以後続刊。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

740円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ