【8月21日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
交響曲第一番
  • Googleプレビュー

交響曲第一番
佐村河内守

1,728円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2007年10月
  • 著者/編集:   佐村河内守
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  277p
  • ISBNコード:  9784062139359

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
被爆二世として生まれた作曲家は、突然にすべての聴力を失って絶望の淵に沈む。彼の命を支えたのは、盲目の少女との出会いだった。そのとき見出した小さな希望の光に向かい、聞こえない彼だけが聴く「闇の音」を求めて、襲いくる心身の苦痛に耐えながら、彼は今日も、孤高の闘いを続けている。全聾の天才作曲家が紡ぐ「闇の音」。

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ 音を喪くした日/第1章 ピアノ部屋/第2章 被爆二世/第3章 「発作」の始まり/第4章 東京迷走/第5章 運命がノックする音/第6章 耳鳴り/第7章 全聾の作曲家/第8章 運命の少女/第9章 闇の音/第10章 交響曲第一番/エピローグ 一を得るために九十九を捨てる

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
佐村河内守(サムラゴウチマモル)
1963年、被爆二世として広島に生まれる。4歳から母にピアノを師事。幼少よりヴァイオリン、尺八、マリンバなどを習うが、作曲に関して専門的な教育は受けたことはなく、すべて独学で身につけた。高校時代からすさまじい偏頭痛に悩まされ、20代で聴覚異常を発症。35歳のとき一切の聴覚を失って全聾となるが、作曲を続けられる絶対音感があった。全聾後に作曲した、ゲームソフト「鬼武者」の音楽が世界的に高く評価され、一躍注目を集めたが、全聾ゆえに“隠者生活”を選ぶ。抑うつ神経症、不安神経症(パニック障害)といった重度の神経障害に合わせ、頭鳴症や耳鳴り発作など、止むことのない壮絶な肉体的かつ精神的な苦痛の闇にいながら、同じように苦しんでいる人々に向けて、日々音楽を紡ぎだしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2013年01月26日

    広島の作曲家、佐村河内 守さんの人生を描いた本です。想像を絶する人生に、読んでいてもぐいぐい惹き込まれ、読後は息もつけなかった程です。これからが楽しみな作曲家のお一人だと思います。

    0人が参考になったと回答

  • 思い・重い
    gyaroreo
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2013年01月17日

    私にはちょっと重いかもしれません。まだ読めずにいます。時間的にも平常心でいれれる時にCDと共にゆっくり読みます。今年中に聞ければいいな。。。。

    0人が参考になったと回答

  • 壮絶なる人生実話
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年12月29日

    前評判を聞きつけ、まずは著書を読んでみました。正に人生色々。非常に印象に残る書籍の一つとなりました。著者のものごい人生経験に驚きました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品*

1,728円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ