神様のプレゼント
  • Googleプレビュー

神様のプレゼント 永沢光雄・生きた書いた飲んだ (産経新聞社の本)
永沢光雄

1,543円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
力作『AV女優』を上梓して10年-永沢光雄は突然襲ってきた病魔に声を失うという逆境の中で、生きている証を求めて、その「心」を吐露しつづけた。絶筆…『生老病死』。小学校から予備校時代の作文、手紙、短編などを併録。残された母と妻が綴る、永沢氏の思い出と哀しみ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 生老病死(「癌だからさあ」-通用しない腰回り/小さな羽虫との戦いの果てに/理解できない“テレビの言葉” ほか)/第2章 遠い足あと(えんそく(小学校一年生・作文)/両親へのてがみ(小学校三年生・手紙)/老人(中学校一年生・短編) ほか)/第3章 光雄の思い出(光雄誕生/思い出すこと/母の日記 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
永沢光雄(ナガサワミツオ)
昭和34年(1959年)7月14日、仙台市に生まれる。大阪芸術大学中退。風俗雑誌の編集者を経てフリーライターとなり、風俗、スポーツを中心に執筆活動を始める。平成8年、雑誌に連載していたAV女優のインタビューをまとめた「AV女優」の出版によってその存在を知られる。14年に下喉頭癌のため声帯を切除。17年に闘病生活を綴った随筆「声をなくして」を出版。同年7月から産経新聞に随筆「生老病死」の連載を始めるが、18年11月1日、肝機能不全のために死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,543円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ