日米軍事衝突の構造
  • Googleプレビュー

日米軍事衝突の構造 20世紀戦争論
前田哲男

1,677円(税込)1,553円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1992年05月01日
  • 著者/編集:   前田哲男
  • 出版社:   徳間書店
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  267p
  • ISBNコード:  9784191448742

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
冷戦は終わったが、冷戦構造は残っている。現状を、軍事専門的に分析。日米相互の“危機”と、日本が何をしなければそれは爆発するのかを提言。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 冷戦-四五年戦争の終焉 たとえ「廃墟からの出発」でも(ポスト冷戦の構造/20世紀の戦争/ソ連崩壊の真因)/第2章 日米・日露関係史-『戦争論』は正しかったのか?(日米関係の20世紀/ロシア=ソ連-近代日本の敵役)/第3章 ポスト冷戦の軍事環境-日米激突、南北冷戦開始への憂い(軍事大国・ソ連の変貌/アジア・太平洋新時代)/第4章 日本の選択-アジア太平洋共同体へ向けて 「太平洋平和の海」への思想(「冷戦モラトリアム国家」・日本/「アジア・太平洋共通の家」)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,677円(税込)1,553円(税抜)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ