【9月22日10時00分~9月25日9時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
比較史のなかのドイツ農村社会
  • Googleプレビュー

比較史のなかのドイツ農村社会 『ドイツとロシア』再考
肥前栄一

4,860円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2008年03月
  • 著者/編集:   肥前栄一
  • 出版社:   未来社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  322p
  • ISBNコード:  9784624321734

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ヨーロッパ比較社会経済史研究の碩学によるドイツとロシアの農村社会をめぐる研究成果。ヨーロッパを東西に分割する聖ペテルブルクートリエステ線についての視点移動をふくむ新たな知見を導入するとともに、マルクス・ヴェーバー・ハックストハウゼン・レーニンらの理論と研究を検討しながらドイツとロシアの農村にみられる歴史的・構造的な相違を明らかにし、その後のヨーロッパの歴史・社会の展開を鮮やかに跡づける。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序 エルベ河から「聖ペテルブルクートリエステ線」へー比較社会経済史の視点移動/1 ドイツの農民とロシアの農民ー史的比較の試み(家族および共同体から見たヨーロッパ農民社会の特質ー社会経済史的接近/北西ドイツ農村定住史の特質ー農民屋敷地に焦点をあてて ほか)/2 ハックストハウゼン、マルクス、ヴェーバーー独露比較の視点から(農政史家としてのアウグスト・フォン・ハックストハウゼン/ハックストハウゼンのドイツ農政論ー農民身分の定住様式把握を中心として ほか)/3 書評(若尾祐司『ドイツ奉公人の社会史ー近代家族の成立』/M・E・フォーカス『ロシアの工業化一七〇〇-一九一四』 ほか)/4 チャティップ・ナートスパー(チャティップ・ナートスパーのタイ村落共同体論ー翻訳と解題/チャティップさんと私)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
肥前榮一(ヒゼンエイイチ)
1935年、神戸市生まれ。1962年、京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

4,860円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ