悪党芭蕉
  • Googleプレビュー

悪党芭蕉 (新潮文庫)
嵐山光三郎

594円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版でもご購入可能です!

商品基本情報

  • 発売日:  2008年10月
  • 著者/編集:   嵐山光三郎
  • 出版社:   新潮社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  350p
  • ISBNコード:  9784101419091

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ならず者と遊び人が集った蕉門、美男弟子との衆道関係、あの句にこめられた危険な秘密…いつしか神格化され「求道の人」のアイドルとなった松尾芭蕉。しかしその素顔は、芥川龍之介に「日本の生んだ三百年前の大山師」と言わしめるほど、凄腕の不良だった!「俳聖」を敢えて俗人と同じレベルで再考し、犯罪すれすれのところに成立した俳諧の真の凄味に迫る、画期的芭蕉論。第34回泉鏡花文学賞&第58回読売文学賞W受賞。

【目次】(「BOOK」データベースより)
スキャンダル/「古池や…」とはなにか/「芭蕉」という俳号/「作意」を消せるか/魔法の目玉/「不易」か「流行」か/『猿蓑』の怪/超簡訳『猿蓑』歌仙/獄中俳人・凡兆/「次男」の文芸/閉関の説 スランプと死神/不良俳人・其角/『俳諧問答』に難点あり/生類憐みの句/死後に見よ/死出の旅/荒れる句会/最後の歌仙/夢は枯野をかけ廻る/蕉門分裂へ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
嵐山光三郎(アラシヤマコウザブロウ)
1942(昭和17)年、静岡県生れ。雑誌編集者を経て、作家活動に入る。’88年、『素人庖丁記』により、講談社エッセイ賞を受賞。2000(平成12)年、『芭蕉の誘惑』(後に『芭蕉紀行』と改題)により、JTB紀行文学大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2010年03月29日

    価格的には安価な方でしたので、まずまずだと思います。

    0人が参考になったと回答

  • けろろ14
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2008年11月05日

    このお値段で十分楽しめる内容。嵐山さんの独壇場ですけど。

    0人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

594円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      あきない世傳金と銀(4)
      あきない世傳金と銀(4)

      高田郁

      626円(税込)

    2. 2
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    3. 3
      インデックス
      インデックス

      誉田哲也

      799円(税込)

    4. 4
      満願
      満願

      米澤 穂信

      723円(税込)

    5. 5
      アイネクライネナハトムジーク
      アイネクライネナハトムジーク

      伊坂幸太郎

      648円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ