【9月22日10時00分~9月25日9時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
医療と法を考える(続)
  • Googleプレビュー

医療と法を考える(続) (法学教室library)
樋口範雄

2,484円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2008年11月
  • 著者/編集:   樋口範雄
  • 出版社:   有斐閣
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  261p
  • ISBNコード:  9784641125322

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
臨床研究、ヘルシンキ宣言、予防接種被害と救済、人工生殖で生まれた子の親子関係、終末期医療ガイドライン、出生と中絶、人体試料と法、医療過誤訴訟など近時のトピックを素材に医療と法のあり方を考える。

【目次】(「BOOK」データベースより)
臨床研究ーインフォームド・コンセントと倫理委員会/ヘルシンキ宣言を読む/予防接種被害と救済/人工生殖で生まれた子の親子関係/終末期医療とプロセス・ガイドライン/出生と中絶/人体試料と法の考え方/医療過誤訴訟(1)-アメリカの場合/医療過誤訴訟(2)-日本の場合/医療過誤訴訟(3)-インフォームド・コンセント訴訟/さまざまな課題/医療と法ー法のあり法再考

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
樋口範雄(ヒグチノリオ)
1974年東京大学法学部卒業。現在、東京大学大学院法学政治学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと3

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,484円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ