【9月22日10時00分~9月25日9時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
汚水処理の社会史
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 建設工学

汚水処理の社会史 19世紀ベルリン市の再生
金子光男

7,884円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2008年11月
  • 著者/編集:   金子光男
  • 出版社:   日本評論社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  384p
  • ISBNコード:  9784535585331

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
一九世紀後半、近隣農村からの膨大な移住者を呑み込んで過密化した帝国首都ベルリンは、河川、大気、土壌等のあらゆる汚染と各種疫病にさらされていた。人々がその惨状を見据えて立ち上がり、やがて「汚水処理」という一連の問題群を獲得し、国家と社会の総力を傾注したプロジェクトとしての下水道整備へとたどり着く模索と苦闘の過程を、当時の資料と古今の文献に基づいて克明にたどる。政治・経済・財政史、人口問題、医学・科学技術史等々、さまざまな学問領域が織りなす沃野から下水道建設と都市浄化という都市生活の根源的なテーマを照射する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 ベルリン市の環境-一八七一〜一九二〇(一八七〇年代のベルリン市概観/一八六六年-コレラ、ベルリン急襲)/第2部 細菌学前夜の医学-フィルヒョーを中心に(R.フィルヒョーの医学観と環境政策)/第3部 ベルリン市の下水道導入(第二帝政期における「下水道導入」からみたベルリン市環境整備の努力について(1)特にヴィーベ案を中心に/第二帝政期における「下水道導入」からみたベルリン市環境整備の努力について(2)ホープレヒトからフィルヒョーへ)/補論(R・フィルヒョーにみる医学と環境論の間について-二〇〇三年SARS発症にふれて)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
金子光男(カネコミツオ)
1943年東京都に生まれる。明治大学大学院政治経済学研究科博士課程中退。フライブル大学客員教授。現在、明治大学政治経済学部教授(社会科学方法論、経済思想史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

7,884円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ