【8月21日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
教育再生の迷走
  • Googleプレビュー

教育再生の迷走
苅谷剛彦

1,728円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2008年11月
  • 著者/編集:   苅谷剛彦
  • 出版社:   筑摩書房
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  206p
  • ISBNコード:  9784480863904

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
教員採用試験での汚職、教員免許更新制の導入、小学校から始まる英語教育、全国学力調査の意味…政治に翻弄される教育。この国の教育は、いったいどこへ向かうのか。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 教育再生会議とはいったい何だったのか(教育バッシングの思わざる効果/参院選に利用される教育再生会議/選挙の目玉になりそこねた教育再生会議第二次報告/政治と教育/参院選以後の教育政策ー教育振興基本計画)/第2章 教育政策はどのように変わるのか(教育委員会制度のどこが問題なのか/免許更新制と教員受難のパラドクス/学習指導要領の改訂と教職員定数の改善計画)/第3章 教育問題の本質とは(未履修問題から何を学ぶか/学習指導要領の改訂と小学校の英語教育)/第4章 学力調査から見えてくるもの(教育政策の路線変更と全国学力テストの意味/全国学力調査から見えてくるもの・見えてこないもの/PISAの結果と全国学力調査から見えてくるもの)/終章 迷走する教育改革(どうしてプラスの循環が生じないのか/教育改革を突き動かす力/ズレを生み出す原因)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
苅谷剛彦(カリヤタケヒコ)
1955年東京生まれ。東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。ノースウエスタン大学大学院博士課程修了、Ph.D.(社会学)取得。東京大学大学院教育学研究科教授。2008年より、オックスフォード大学教授を兼任。専攻は教育社会学、比較社会学。データの精緻な検証により、教育や日本社会について、鋭く的確な発言をしつづけている。著書に『階層化日本と教育危機』(第一回大佛次郎論壇賞奨励賞受賞、有信堂高文社)、『教育の世紀』(第二十七回サントリー学芸賞受賞、弘文堂)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2010年01月18日

    教育政策の「意図せざる結果」は、なぜ生まれたのか、そして、それは社会にどんな影響を与えたのかを、著者自身が真摯に自問自答しながら書かれていて共感できました。
    本そのものは★5ですが
    白い表紙に、ベッタリと足跡がついていた。
    最近、ショップレビューに不満を寄せる方が増えたなとは思っていましたが、本を扱うショップとしては最低・最悪。
    検品の問題というより、社員教育はどうなってるんだ?
    楽天ブックスも とうとう ここまで落ちましたか・・・

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと3

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,728円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ