【6月25日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
国立公園の法と制度
  • Googleプレビュー

国立公園の法と制度 (自然公園シリーズ)
加藤峰夫

4,644円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2008年12月
  • 著者/編集:   加藤峰夫
  • 出版社:   古今書院
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  320p
  • ISBNコード:  9784772241045

商品説明

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 「国立公園」の誕生と日本の国立公園の特徴(「国立公園」とは何だろうか?/日本に国立公園制度が導入された背景はどんなものだったのだろうか? ほか)/第2部 国立公園の「指定と管理」(自然地域を「国立公園」とするための具体的な手続きはどうなっているのだろうか?-公園地域の指定から具体的管理まで/「公園管理」とは具体的には誰が何をすることなのだろうか?-開発規制と施設整備 ほか)/第3部 国立公園内の「地権者」の権利と義務(国立公園は公園内や周囲の住民にとってどんな利益あるいは不利益になるのだろうか?/自分の土地が国立公園になると何が変わるのだろうか?-公園内の開発規制と税金の減免措置等 ほか)/第4部 国立公園を利用する際の「ルール」(国立公園を利用する際の基本的なルールとはどんなものなのだろうか?-公園利用者に対する行為規制/国立公園の利用には「入園料」を支払わなければならないのだろうか? ほか)/第5部 国立公園をめぐる新たな動きと今後の課題(国立公園が保護しなければならないのは「風景」なのだろうか?それとも「生物の多様性」なのだろうか?-景観重視から生態系重視へ/国立公園は「誰もが・いつでも・どこでも・自由に」利用できるのだろうか?-利用調整地区制度の導入による「自由利用原則」の変更 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
加藤峰夫(カトウミネオ)
横浜国立大学大学院国際社会科学研究科教授、環境法・環境政策が専門で、特に自然公園等の自然保護地域制度や野生生物管理制度に力を入れている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 技術士試験環境部門の参考書
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2009年09月18日

    技術士試験環境部門自然環境保全の参考書として購入しました。国立公園の法制度について詳細に解説され、類書があまりないので大変重宝しています。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

4,644円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ