エミシ・エゾ・アイヌ
  • Googleプレビュー

エミシ・エゾ・アイヌ アイヌ文化の成立と変容-交易と交流を中心として上
榎森進

10,260円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
法政大学プロジェクトの成果。上巻には、古代・中世編として、アイヌ文化の成立に関する問題を、擦文文化・オホーツク文化・アイヌ文化の3部18論文で構成。

【目次】(「BOOK」データベースより)
エミシ・エゾ・アイヌ-本巻の課題と梗概/第1部 エミシ・エゾ・擦文文化をめぐって(考古学からみたアイヌ民族史/東北北部におけるエミシからエゾへの考古学的検討-天野哲也「考古学からみたアイヌ民族史」へのコメント1/文献史料からみた「エゾ」の成立-天野哲也「考古学からみたアイヌ民族史」へのコメント2/渡嶋蝦夷と津軽蝦夷/擦文文化の終末年代をどう考えるか/夷俘と俘囚)/第2部 オホーツク文化の世界(オホーツク文化の形成と展開に関わる集団の文化的系統について/北海道東部における「中世アイヌ」社会形成前夜の動向-列島史のなかのトビニタイ文化の位置/一一〜一二世紀の擦文人は何をめざしたか-擦文文化の分布域拡大の要因について/アイヌ文化の前史としてのオホーツク文化-松法川北岸遺跡を事例として/EPMA分析画像の解析によるオホーツク海沿岸出土の土器研究-土器に含まれる砂粒の成分分析と産地同定/千島列島への移住と適応-島嶼生物地理学という視点)/第3部 アイヌ文化の成立-北海道の中世(「日の本」世界の誕生と「日の本将軍」/和人地・上之国館跡 勝山館跡出土品に見るアイヌ文化/北海道南部における中世墓/北海道における中世陶磁器の出土状況とその変遷/札幌市K三九遺跡大木地点の中世遺跡をめぐって/松前家の家宝「銅雀台瓦硯」について)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
榎森進(エモリススム)
1940年生まれ。東北大学文学部卒業。東北学院大学文学部教授

小口雅史(オグチマサシ)
1956年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。法政大学文学部教授

澤登寛聡(サワトヒロサト)
1952年生まれ。法政大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。法政大学文学部教授(博士 文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

10,260円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      嫌われる勇気
      嫌われる勇気

      岸見一郎

      1,620円(税込)

    2. 2
      なにがあってもずっといっしょ
      なにがあってもずっといっしょ

      くさのたき

      1,296円(税込)

    3. 3
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    4. 4
      女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと
      女の子が生きていくときに、覚えていてほ…

      西原 理恵子

      1,188円(税込)

    5. 5
      行き抜いて、息抜いて、生き抜いて。
      行き抜いて、息抜いて、生き抜いて。

      しみずたいき

      1,404円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ