殺人ウイルスの謎に迫る!
  • Googleプレビュー

殺人ウイルスの謎に迫る! 新型インフルエンザはどうして危険なのか?致死率80 (サイエンス・アイ新書)
畑中正一

1,028円(税込)952円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版でもご購入可能です!

商品基本情報

  • 発売日:  2008年12月
  • 著者/編集:   畑中正一
  • 出版社:   SBクリエイティブ
  • サイズ:  新書
  • ページ数:  238p
  • ISBNコード:  9784797349764

商品説明

鳥インフルエンザ、エボラ出血熱、SARS、エイズなど、殺人ウイルスの正体から治療の最前線までを、豊富な図写でわかりやすく紹介。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
鳥インフルエンザ、エボラ出血熱、マールブルグ出血熱、SARS、エイズ、-人の命を奪うこれらの恐ろしい病気は、ウイルスが原因です。本書では、殺人ウイルスの正体、ウイルスと闘う研究の最前線、人の体がウイルスを撃退する免疫の仕組み、細菌を病原菌にしてしまうバクテリオファージ、植物を襲うウイルス、そして、なぜウイルスは存在するのかを解き明かすRNAワールドまで徹底解説します。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 殺人ウイルスの台頭/第2章 ウイルスの正体を探る/第3章 ウイルスに対抗する人の知恵と能力/第4章 細菌に感染するウイルス「バクテリオファージ」/第5章 植物に襲いかかるさまざまなウイルスたち/第6章 ウイルスとRNAワールド

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
畑中正一(ハタナカマサカズ)
1933年、大阪府生まれ。1958年、京都大学医学部卒業。1963年、京都大学大学院医学系修了(医学博士)。京都大学ウイルス研究所所長、塩野義製薬医科学研究所所長、同医薬研究開発本部長、塩野義製薬代表取締役副社長などを歴任。京都大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 絵のタッチはクセがあるけど中身は充実
    SHARKさめ
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2009年08月27日

    この本と同じシリーズの「毒と薬のひみつ」が読みやすかったので購入しました。細菌・ウイルス関連本は何冊か持っていますが、この本はオールカラーで図解やウイルスの電子顕微鏡写真も充実していて、また文章も素人でも分かりやすいように書かれているので良いです。ただ絵のタッチが劇画調というか特徴的なので、その辺での向き不向きはあるかも?読み進めていけば慣れてしまうものですが。

    2人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

お急ぎの方へ!まだ間に合います

当日便

午前10時までのご注文+498
 にお届けできます

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,028円(税込)952円(税抜)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

972円(税込)

紙書籍版 1,028円より
56円(5%)お得

電子書籍版商品について

電子書籍版商品について

楽天Koboの電子書籍とは?

・楽天Koboの電子書籍をご覧になるには楽天Kobo無料アプリもしくは対応端末が必要です。楽天Koboの概要についてはこちらをご覧ください。

対応端末

・商品によって閲覧できる端末は異なる場合があります。詳細は商品ページでご確認ください。

楽天Kobo会員登録について

・初めて楽天Kobo電子書籍ストア powered by 楽天ブックスにて電子書籍をご購入いただく際に、楽天Koboの利用規約画面が表示されます。
楽天Koboの利用規約に同意いただくと、電子書籍の購入及びサービスをご利用いただくことができます。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ