【6月27日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
レストランの秘密
  • Googleプレビュー

レストランの秘密 (宝島sugoi文庫)
別冊宝島編集部

606円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2009年01月
  • 著者/編集:   別冊宝島編集部
  • 出版社:   宝島社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  200p
  • ISBNコード:  9784796668880

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
世の中、善意ばかりで成り立っていないのは百も承知だが、レストラン(経営者や料理人含む)と客は、だましだまされる関係でしかないのだろうか?客商売ってなんだろう?最近の報道をみると、まるで「食うか食われるか」みたいではないか。食うのはこっちなのに。では実際、レストランの裏側に入ってみることにしよう。好評「食品のカラクリ」シリーズ第三弾、ついに文庫化。店を見分けるヒント満載。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 良い店、悪い店の見分け方(「生ビール」が美味しい店に“外れなし”の納得の理由/“拒否”してもいいのか?邪魔者「お通し」の存在意義 ほか)/2 人気メニューの秘密(ビール好きたちの大疑問「生」と「ビン」どっちが得か/「つくね」と「タレ」に表れる焼鳥屋の“こだわり度” ほか)/3 レストランの裏事情(コース料理とグラス1杯が同額「グラスワイン」の異常な値段設定/ゴマをすらせ、わさびをおろさせる“店と客の心理戦” ほか)/4 ウワサの真相(「あの有名店の分店ができた」行くべきか、行かざるべきか/なぜオーダー時に提示するのか「割引クーポン券」の真相 ほか)

みんなのレビュー

  • 購入者さん
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2009年01月31日

    読後の私の印象としては、レストランを経営する側からの視点でとらえ、如何に客がだまされているのか(いい意味でも悪い意味でも)を暴露した本という感じがしました。
    業界の符丁なども少し紹介されていて、「なるほど」と思う部分もあります。
    しかし、別冊宝島の記事を文庫化したためか、話し言葉調のところや、ですます調のところがあったり、酷いことに、読者に教えてと記述しているところがあり、もう少しきちんとした取材と編集をして欲しいと思いました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

606円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    2. 2
      プラージュ
      プラージュ

      誉田哲也

      745円(税込)

    3. 3
      アキラとあきら
      アキラとあきら

      池井戸潤

      1,080円(税込)

    4. 4
      教団X
      教団X

      中村 文則

      864円(税込)

    5. 5
      鹿の王 1
      鹿の王 1

      上橋 菜穂子

      691円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ