経済学古典探索
  • Googleプレビュー

経済学古典探索 批判と好奇心
馬場宏二

4,104円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2008年12月
  • 著者/編集:   馬場宏二
  • 出版社:   御茶の水書房
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  384,
  • ISBNコード:  9784275008091

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書は『マルクス経済学の活き方』、『もう一つの経済学』に続く「批判と好奇心」の第三弾。経済学の諸古典、ペティからマルクスに至る経済学の流れの検討を諸古典が達成した成果となお残る限界を資料操作の面から的確に捉える。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 経済学の流れ(ペティ経済学の継承/富概念の推移/スミス・マカロック・マルクス)/2 貿易と経済学説(古典派の比較生産費説/マーチン“変説”の探究/P・J・トーマス『重商主義と東インド貿易』/書評-田淵太一著『貿易・貨幣・権力』)/3 企業と経済学(株式会社論の視角/『国富論』の“企業家”)/4 スミス論評(ペティと『国富論』/スミスの貨幣論/アダム・スミスの犯罪)/5 再び流れを追って(資本・資本家・資本主義)/付論 カーライルとミル

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
馬場宏二(ババヒロジ)
1933年群馬県に生まれる。1953年県立渋川高校卒業。1957年東京大学経済学部卒業。東京大学大学院社会科学研究科単位取得中退、のち経済学博士、神奈川大学講師・助教授、東京大学助教授・教授をへて、1994年大東文化大学教授、2004年同大学退職、東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

4,104円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ