真実は損するオール電化住宅
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 建築学

真実は損するオール電化住宅 あま〜いワナと、にが〜い現実
船瀬俊介

1,080円(税込)1,000円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2009年01月
  • 著者/編集:   船瀬俊介
  • 出版社:   三五館
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  93p
  • ISBNコード:  9784883204229

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「危険」「割高」「不便」…なのになぜか大人気。300万世帯突破、理想の暮らしのはずなのに…。オール電化住宅の宣伝文句の裏側、ここが知りたい。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 300万世帯がだまされた「オール電化」(「オール電化おトク!」広告は真っ赤なウソー公取委、九電パンフに「排除命令」のお灸/「エコキュート」「IH」はおトク!って言うけれど…-比較グラフにだまされるな! ほか)/第2章 ホントはあぶない!IHの電磁波!(読んだ!『やっぱりあぶない、IH調理器』-発ガン24倍リスクの“ガン増殖装置”/わざわざ「あぶない」電磁波を浴びせるIHのしくみー火をつかわずに金属のナベが熱くなるワケ ほか)/第3章 危険・不便・割高が、オール電化の正体だった!(IH火災を「初めて知った!」53%-高温で油が発火し、炎が燃え上がる/「火をつかわない」のに起こるIHヤケドー「炎が見えないから」安心してヤケドする ほか)/第4章 「地球環境のためにオール電化」は大まちがい(「オール電化住宅」は温暖化を加速するー政府、電力会社、メーカーのサギ犯罪/「オール電化住宅」のCO2排出は25%も増えるー電力会社のエコ・キャンペーンの化けの皮 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
船瀬俊介(フナセシュンスケ)
1950年、福岡県田川市生まれ。食品・健康・環境問題に取り組むジャーナリスト。1990年代のはじめから「電磁波問題」が21世紀の新たな公害になると予見し、取材を開始。その成果は、IH調理器の危険性について強く警告した『やっぱりあぶない、IH調理器』(2005年3月)に結実し、同書はベストセラーとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • それなりに勉強にはなりますが
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2011年11月20日

    それなりに勉強にはなりますが、感情論に入りすぎにも感じます。
    もう少し、冷静になって書いて欲しかった。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,080円(税込)1,000円(税抜)

送料無料

お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ