【12月11日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
意味の原野
  • Googleプレビュー

意味の原野 日常世界構成の語彙論 (研究叢書)
野林正路

8,640円(税込)8,000円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2009年01月
  • 著者/編集:   野林正路
  • 出版社:   和泉書院
  • サイズ:  全集・双書
  • ページ数:  637p
  • ISBNコード:  9784757604964

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
どの言語も類義語、反義語など、“類語”を持つ。著者は実例を挙げて、人々が“類語”の交差で編成の“語彙”を志向図式化させネットワーク化して、〈解釈学的基底〉を構築していると指摘。“基底”に身を置く彼らは、その図式を投じてモノ解釈や表現に向かうのだとも。その図式を追う人間学的語彙論が本書の展開となる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 原野の技法(宇和海岸郷の焼きめし/暗黙知の技法 ほか)/2 原野の戦略(青・秋県境海岸の光と影/暗黙知の戦略 ほか)/3 原野の相関-認知と評価(出羽山地北辺のコメと木のムラ/暗黙知の力 ほか)/4 原野の分有-全国的傾向(ごはん・めし類への解釈の構え-志向図式/焼きめし類とにぎりめし類への解釈の構え-志向図式 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
野林正路(ノバヤシマサミチ)
1932年台湾旧「台北州」基隆市生まれ。1968年東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程修了。法政大学助教授、ハワイ大学客員講師、監城大学教授、北京大学客員教授、麗澤大学教授、中国首都師範大学客員教授などを経験。茨城大学名誉教授、文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

8,640円(税込)8,000円(税抜)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ