楽天ブックス限定お買いものパンダしおりプレゼントキャンペーン
片隅の迷路
  • Googleプレビュー

片隅の迷路 (創元推理文庫)
開高健

950円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2009年04月
  • 著者/編集:   開高健
  • 出版社:   東京創元社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  429p
  • ISBNコード:  9784488486013

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
十一月の早朝、農機具店の主人山田徳三が刺殺された。妻の洋子は、押し入ってきた何者かの犯行だと証言したが、捜査は難航。店員の少年たちや九歳の娘・道子などの供述から、洋子が逮捕・起訴される。だが、法廷での道子の言葉に異様などよめきが廷内を走った。検事にうその供述を強制されたというのだ。実在の冤罪事件をモデルに、検察・裁判に翻弄される人々を骨太に描く傑作。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
開高健(カイコウタケシ)
1930年、大阪生まれ。大阪市立大学卒。1957年、「裸の王様」で芥川賞、1968年『輝ける闇』で毎日出版文化賞を受賞。1989年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 開高健好きなら
    おてんとうさま丸
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2009年09月28日

    開高健氏の社会派としての面から書かれた作品です。
    意欲も望みも高く掲げられた作品ですが、あまりにも「やり切れない社会の腐敗」に作家自身が消耗してしまったように感じます。
    所々に開高健氏ならではの輝く表現 一言半句はあるのですが、暗澹たる現状に作者は消耗してしまったようです。
    そして、私自身も当時から変わらぬ司法の現状に気持ちをふさがれました。

    0人が参考になったと回答

  • 訴えかけるもの
    cooking.F
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2009年06月21日

    読み終えたころに、先日判決が覆り留置場を出た事例が重なりビックリしています。冤罪は怖いなと感じます。また開高健氏の筆による作品は言葉を選び抜いた上に磨きをかけてから文にしている感があります。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

950円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    2. 2
      あきない世傳金と銀(4)
      あきない世傳金と銀(4)

      高田郁

      626円(税込)

    3. 3
      インデックス
      インデックス

      誉田哲也

      799円(税込)

    4. 4
      豆の上で眠る
      豆の上で眠る

      湊 かなえ

      637円(税込)

    5. 5
      【予約】空也十番勝負 青春篇 恨み残さじ
      【予約】空也十番勝負 青春篇 恨み残さじ

      佐伯泰英

      699円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ