農業法研究(44(2009年))
  • Googleプレビュー

農業法研究(44(2009年)) いま農地制度に問われるもの
日本農業法学会

4,320円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「戦後農政の大転換」といわれるなか「農地法」をめぐる議論も活発化。新たな担い手として新規就農を重視して農地を入手しやすくする、農外の株式会社の参入を認めて活性化したらどうか、国際競争力をつけるため大規模化が不可欠だなど。「農地法」はどうあるべきか、今後どこをどう改めたらいいのか。日本農業法学会では、二〇〇八年次大会のシンポジウムで「農地制度に問われるもの」を討論した。本書は、シンポジウムの報告者が討論を踏まえて執筆したものである。幅広い視野で歴史的かつ複眼的に論究、示唆する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 日本農業法学会二〇〇八年度年次大会(センサス分析からみる農地利用の新たな動きとその地域性/農地制度が直面する諸問題/農地制度改革論議は、農業・農村の現実を踏まえているのか/「農地改革」による戦後農地法制の転換/農地法制と農地の確保ー都市法制の動向も踏まえて/農地制度の何が問題かー主要な論点と議論の方向をめぐって)/2 日本農業法学会二〇〇八年度研究会(品目横断的経営安定対策の導入と見直しの経緯/中国物権法の下での「農民の保護」論と農地の権利移転についてー重慶市における土地請負経営権の権利移転実験モデルの検討)/3 動向(学会動向/農林水産業に関する立法動向)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

4,320円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ