命の値段が高すぎる!
  • Googleプレビュー

命の値段が高すぎる! 医療の貧困 (ちくま新書)
永田宏

799円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2009年07月
  • 著者/編集:   永田宏
  • 出版社:   筑摩書房
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  238p
  • ISBNコード:  9784480064981

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
もはや日本の医療制度の命運は風前の灯である。身も蓋もない言い方をすれば維持するためのお金が足りないのだ。そうした危機への処方箋として打ち出されたのが小泉医療改革である。後期高齢者医療制度、メタボ健診、レセプト並み領収書、社会保障カード…こうした一連の施策は、じつは驚くべき狙いに貫かれたものであり、現在にも深刻な影響を及ぼしている。長生きが経済的に重すぎる負担となったいま、医療の近未来がどこへ向かうのかを、冷徹な眼でリアルに喝破した衝撃の書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「医療の終わり」の始まりー二〇〇八年四月一日/第2章 小泉医療改革が目指したもの/第3章 医療費負担の世代間対立ー後期高齢者医療制度/第4章 メタボリック狂想曲/第5章 「善意の医療」が消える!?-レセプト並み領収書がもたらすもの/第6章 健康監視社会の到来ーレセプトのオンライン化の意味/第7章 保険は国や会社に頼るな!-社会保障カードと個人勘定/第8章 日本の医療に「希望」はあるのかー国民の選択

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
永田宏(ナガタヒロシ)
1959年生まれ。長浜バイオ大学教授。85年筑波大学大学院理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所で医療情報研究に従事。鈴鹿医療大学教授を経て現職。医学博士(東京医科歯科大学)、理学修士(筑波大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    pooh!!!!!
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2010年02月24日

    小泉改革の事が、少し分かったような気がした。新聞報道などに踊らされるだけでなく、本も読まないといけないと思うようになった。

    0人が参考になったと回答

  • 医療問題の背景がわかる
    口髭デッドベア
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2009年07月23日

    メタボ検診やレセプトなみ領収書など、ここ昨今の医療問題の背景がわかりやすく述べられている。しかしきれい事をいいながら既得権益にしがみつく○○…ってどうなんだろう。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

799円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      知ってはいけない 隠された日本支配の構造
      知ってはいけない 隠された日本支配の構造

      矢部 宏治

      907円(税込)

    2. 2
      戦争と平和
      戦争と平和

      百田 尚樹

      820円(税込)

    3. 3
      福島第一原発 1号機冷却「失敗の本質」
      福島第一原発 1号機冷却「失敗の本質」

      NHKスペシャル『メルトダウン』取材班

      907円(税込)

    4. 4
      死ぬほど読書
      死ぬほど読書

      丹羽宇一郎

      842円(税込)

    5. 5
      世界一美味しい煮卵の作り方
      世界一美味しい煮卵の作り方

      はらぺこグリズリー

      972円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ