ひとびとの跫音
  • Googleプレビュー

ひとびとの跫音
司馬遼太郎

2,376円(税込)2,200円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2009年08月
  • 著者/編集:   司馬遼太郎
  • 出版社:   中央公論新社
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  523p
  • ISBNコード:  9784120040504

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
詩人、革命家など大正・昭和期の鮮烈な個性に慕われながら、みずからは無名の市井人として生きた正岡家の養子忠三郎。子規ゆかりのひとびとと淡く透明な交わりを結んだ著者が、共感と哀惜をこめて彼らの境涯をたどりつつ、「人間がうまれて死んでゆくということの情趣」を描き、司馬文学の核心をなす名篇。

【目次】(「BOOK」データベースより)
電車/律のこと/丹毒/タカジという名/からだについて/手紙のことなど/伊丹の家/子規旧居/子規の家計/拓川居子/阿佐ヶ谷/服装、住居、あるいは金銭について/ぼたん鍋/尼僧/洗礼/誄詩

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
司馬遼太郎(シバリョウタロウ)
1923(大正12)年、大阪に生まれる。大阪外国語大学蒙古語科を卒業。1959(昭和34)年、『梟の城』により第四十二回直木賞を受賞。67年、『殉死』により第九回毎日芸術賞、76年、『空海の風景』など一連の歴史小説により第三十二回芸術院恩賜賞、82年、『ひとびとの跫音』により第三十三回読売文学賞(小説賞)、83年、「歴史小説の革新」により朝日賞、84年、『街道をゆくー南蛮のみち1』により第十六回日本文学大賞(学芸部門)、87年、『ロシアについて』により第三十八回読売文学賞(随筆・紀行賞)、88年、『韃靼疾風録』により第十五回大佛次郎賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

2,376円(税込)2,200円(税抜)

送料無料

お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      雪煙チェイス
      雪煙チェイス

      東野圭吾

      699円(税込)

    2. 2
      そして生活はつづく
      そして生活はつづく

      星野源

      626円(税込)

    3. 3
      【入荷予約】発達障害のピアニストからの手紙
      【入荷予約】発達障害のピアニストからの…

      野田あすか

      1,836円(税込)

    4. 4
      ナミヤ雑貨店の奇蹟
      ナミヤ雑貨店の奇蹟

      東野圭吾

      734円(税込)

    5. 5
      首折り男のための協奏曲
      首折り男のための協奏曲

      伊坂 幸太郎

      723円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ