発火点
  • Googleプレビュー

発火点 対論集
桐野夏生

1,439円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2009年09月
  • 著者/編集:   桐野夏生
  • 出版社:   文藝春秋
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  255p
  • ISBNコード:  9784163717302

商品説明

時代と向き合い、時代に挑み続ける桐野夏生、初の対談集。柳美里、重松清、原武史、林真理子などの論客との、注目の発言が満載

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
時代に挑み続けるキリノ。直木賞受賞から現在まで、識者十二人との刺激的な論考。

【目次】(「BOOK」データベースより)
剥き出しの生、生々しい性(松浦理英子)/悪意を小説で昇華させたい(皆川博子)/女は怪物?それとも鬼?(林真理子)/想像は現実である(斎藤環)/いまそこにある危機・ニッポンの男と女(重松清)/極私的オトコ論(小池真理子)/残酷な想像力の果て(柳美里)/星野智幸による「快楽主義者の伝記」(星野智幸)/「見えない貧困」がこの国を蝕む(佐藤優)/座して死を待たず(坂東眞砂子)/象徴天皇制の「オモテ」と「オク」(原武史)/フィクションに潜む真実(西川美和)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
桐野夏生(キリノナツオ)
1951年生。93年『顔に降りかかる雨』で江戸川乱歩賞受賞。98年『OUT』で日本推理作家協会賞受賞、99年『柔らかな頬』で第121回直木賞を受賞。2003年『グロテスク』で泉鏡花賞受賞。04年『OUT』が日本人としては初めてエドガー賞(MWA主催)の候補になる。同年『残虐記』で柴田錬三郎賞受賞。05年『魂萌え!』で婦人公論文芸賞受賞。08年『東京島』で谷崎潤一郎賞、09年『女神記』で紫式部文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,439円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      知ってはいけない 隠された日本支配の構造
      電子書籍知ってはいけない 隠された日本支配の構造

      矢部宏治

      864円(税込)

    2. 2
      多動力
      電子書籍多動力

      堀江貴文

      1,436円(税込)

    3. 3
      大白蓮華 2017年 8月号
      電子書籍大白蓮華 2017年 8月号

      大白蓮華編集部

      185円(税込)

    4. 4
      どんな人にもピン!とくる教え方のコツ
      電子書籍どんな人にもピン!とくる教え方のコツ

      佐々木 恵

      108円(税込)

    5. 5
      仰天!中国に住んでみたらスゴかった!中国・中国人のウソ?ホント!
      電子書籍仰天!中国に住んでみたらスゴかった!中…

      白石 香代子

      108円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ