英本土奪還
  • Googleプレビュー

英本土奪還 鋼鉄の海嘯 (C・novels)
横山信義

972円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版でもご購入可能です!

商品基本情報

  • 発売日:  2009年08月
  • 著者/編集:   横山信義
  • 出版社:   中央公論新社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  234p
  • ISBNコード:  9784125010847

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
米英軍の総力を挙げた英本土奪還作戦が発動。米国と講和した日本にも英王室からの要請が届き、政府は対独参戦を決定。戦艦二隻、正規空母六隻を擁する遣英艦隊がドーバーに向かった。連合軍は、米艦隊の艦砲で防御陣地を粉砕し、グレート・ブリテン島に上陸。亡命ロシア人で編成された戦車大隊を先頭に、ロンドン解放を目指し猛進する。だが、行く手には“ヨーロッパの覇者”ドイツ軍の精鋭部隊が待ち受ける。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
横山信義(ヨコヤマノブヨシ)
1958年生まれ。長野県出身。東京工業大学卒。本田技術研究所勤務の傍ら『鋼鉄のレヴァイアサン』で作家活動を開始(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    台覧坊
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2010年02月14日

    いつもながらの、よく練られた内容で、楽しめた。
    「奇想天外でもなければ、突拍子もない部分もない」という表現をすると、面白くないのか、という誤解を受けそうだが、全く逆。
    いかにもありそうな話(現実性の高い話)なので、より引き込まれるパワーを持っているということ。
    非現実的な超兵器を次々と登場させていくだけの粗製乱造な小説とは、一線を画す内容。
    「雷撃の命中率の低さ」も健在(笑)

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    素人レビュアー
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2009年11月09日

    前巻で完結したと思えた今シリーズ.日米講和がなったifの歴史では,連合国としての日本へ欧州への派兵が要求されます.

    0人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

972円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ