花宵道中
  • Googleプレビュー

花宵道中 (新潮文庫)
宮木あや子

637円(税込)590円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

ポイント

今この商品はポイント合計#MULTI_TOTAL#倍以上

ベースポイント合計 1倍以上
  • 通常購入分+1
  • 楽天会員にログインして、下記取得情報をご確認ください。
  • 楽天カードご利用+3
  • 楽天市場アプリから当月1回以上ご購入+1
  • 楽天プレミアムカードご利用+1
  • 楽天モバイルご加入+1
ボーナスポイント合計 #GROUP_TOTAL# 倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#

今この商品はポイント合計#MULTI_TOTAL#倍以上

ベースポイント合計 #GROUP_TOTAL#倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#
ボーナスポイント合計 #GROUP_TOTAL# 倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#

今この商品はポイント合計#MULTI_TOTAL#倍以上

ベースポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#
ボーナスポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#

電子書籍版でもご購入可能です!

商品基本情報

  • 発売日:  2009年09月
  • 著者/編集:   宮木あや子
  • 出版社:   新潮社
  • サイズ:  文庫
  • ページ数:  374p
  • ISBNコード:  9784101285719

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
どんな男に抱かれても、心が疼いたことはない。誰かに惚れる弱さなど、とっくに捨てた筈だった。あの日、あんたに逢うまではー初めて愛した男の前で客に抱かれる朝霧、思い人を胸に初見世の夜を過ごす茜、弟へ禁忌の恋心を秘める霧里、美貌を持てあまし姉女郎に欲情する緑…儚く残酷な宿命の中で、自分の道に花咲かせ散っていった遊女たち。江戸末期の新吉原を舞台に綴られる、官能純愛絵巻。R-18文学賞受賞作。

【目次】(「BOOK」データベースより)
花宵道中/薄羽蜉蝣/青花牡丹/十六夜時雨/雪紐観音/大門切手

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
宮木あや子(ミヤギアヤコ)
1976(昭和51)年、神奈川県生れ。2006(平成18)年『花宵道中』で「女による女のためのR-18文学賞」大賞と読者賞を同時受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 花宵道中
    −さや−
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2011年07月26日

    女性セブンで斉木久美子さんの漫画を時々ではありますが読んでいました。
    綺麗な絵で、しかも吉原の遊女たちのお話と言うことで連載していた時から気になっていましたが、ふとした時にこの原作があるのを知り、どうしても読んでみたくて今回購入しました。
    内容は全てコミックで読んだものばかりでしたが、漫画にはない詳しい情景や背景が書かれてあり、読み始めから一気に一冊読んでしまうくらい夢中になりました。
    私は漫画の方から読んでいますので、小説を読んでいても漫画のイメージが浮かんできて、二重に想像出来るものがあり、それもまた良かったのかと思います。
    以前TVで「吉原炎上」というやはり遊女を題材にしたドラマも見たことがあるので、吉原という場所がどんな所か、おはぐろどぶはどんな川なのか、遊女たちの生活はどんなものだったかなど朧気ではありますが理解していましたが、この本はまた遊女たちの切ない気持ちや生き様がありありと書かれ、同じ女として共感出来ることもあれば、何でそんなことを…とじれったく思うことも色々あります。
    一冊で終わってしまうにはもったいないくらい、すてきな本でした。
    ぜひ女性に読んで貰いたいお薦めの本ですね。

    3人が参考になったと回答

  • (無題)
    あんぱんだ1013
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2012年07月27日

    そもそもはYonda?ブックカバーほしさに買った1冊でしたが、意外にどっぷりはまった連作集でした。
    吉原の大見世の看板花魁を描いた松井今朝子氏の傑作『吉原手引草』はからりとした読後感でしたが、
    この小説で描かれるのは格下の小見世の遊女たちで、かなりウェットな物語。
    ある話では脇役で登場した遊女が、別の話ではメインとなり、違った角度から語られるという、
    多面体の構成と、情感たっぷりの文章にぐいぐい引き込まれました。

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    もまう
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2011年05月14日

    漫画でこの作品を知り、原作は面白そうだと思って購入してみました。
    読んでビックリ、漫画ではほんの表面しか描かれていない心情がそれぞれの登場人物においてこまやかに描かれており、吉原の世界にひたって楽しむことができました。
    顔が描かれている漫画の時は登場人物の見分けがうまくつかなかったのだけれど、絵がなくて文字だけの小説ではすっきりわかる、っていうのもなんだか不思議ですね。
    ひとつだけ難を言えば、表紙が少女マンガのようでもったいない。こんなにレベルの高い作品なのに大人が手に取るのをためらってしまわないか、心配です。

    1人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー
  • 読み応えあり
    bebeベア
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2014年11月22日

    安達祐実さん主演映画の原作です。R-18指定の官能小説ですけどそれぞれの女性の凛とした生き様に惹かれます。
    かなり読み応えのある1冊でした。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング(2016年07月27日)

     :第-位( - ) > 文庫:第1504位(↑) > 人文・思想・社会:第1261位(↑)

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと7

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

637円(税込)590円(税抜)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

702円(税込)

電子書籍版商品について

電子書籍版商品について

楽天Koboの電子書籍とは?

・楽天Koboの電子書籍をご覧になるには楽天Kobo無料アプリもしくは対応端末が必要です。楽天Koboの概要についてはこちらをご覧ください。

対応端末

・商品によって閲覧できる端末は異なる場合があります。詳細は商品ページでご確認ください。

楽天Kobo会員登録について

・初めて楽天Kobo電子書籍ストア powered by 楽天ブックスにて電子書籍をご購入いただく際に、楽天Koboの利用規約画面が表示されます。
楽天Koboの利用規約に同意いただくと、電子書籍の購入及びサービスをご利用いただくことができます。

この商品のオークション出品

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      村上海賊の娘(三)
      村上海賊の娘(三)

      和田竜

      680円(税込)

    2. 2
      村上海賊の娘(四)
      村上海賊の娘(四)

      和田竜

      680円(税込)

    3. 3
      村上海賊の娘(第1巻)
      村上海賊の娘(第1巻)

      和田竜

      637円(税込)

    4. 4
      小説君の名は。
      小説君の名は。

      新海誠

      604円(税込)

    5. 5
      死神の浮力
      死神の浮力

      伊坂幸太郎

      842円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ