四度目の氷河期
  • Googleプレビュー

四度目の氷河期 (新潮文庫)
荻原浩

853円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版でもご購入可能です!

商品基本情報

  • 発売日:  2009年10月
  • 著者/編集:   荻原浩
  • 出版社:   新潮社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  628p
  • ISBNコード:  9784101230351

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
小学五年生の夏休みは、秘密の夏だった。あの日、ぼくは母さんの書斎で(彼女は遺伝子研究者だ)、「死んだ」父親に関する重大なデータを発見した。彼は身長173cm、推定体重65kg、脳容量は約1400cc。そして何より、約1万年前の第四氷河期の過酷な時代を生き抜いていたーじゃあ、なぜぼくが今生きているのかって?これは、その謎が解けるまでの、17年と11ヶ月の、ぼくの物語だ。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
荻原浩(オギワラヒロシ)
1956(昭和31)年、埼玉県生れ。成城大学経済学部卒。広告制作会社勤務を経て、フリーのコピーライターに。’97(平成9)年『オロロ畑でつかまえて』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2005年『明日の記憶』で山本周五郎賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    花3904
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2010年08月08日

    (小説)
    SFと思いきや青春小説。
    読んでいて面白かったし
    荻原さんは好きな作家さんなのですが
    どうも感想に困る作品。
    辛い幼少期を過ごしながら成長して陸上競技に出会い
    更に色々な事に気付いていく。
    それぞれの部分が濃いのですが
    ここまでの長編作品でなくても良かった印象です。
    ハッキリとしたハッピーエンドを望んでいたのですが
    ラストで温かい中に危うさを感じてしまい
    消化不良で終わった作品です。

    1人が参考になったと回答

  • ドキドキ
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2011年11月21日

    最後までドキドキしながら楽しむ事ができました。
    ドラマ化したらおもしろそうだなぁ・・・と思うのですが・・・。

    0人が参考になったと回答

  • おもしろい
    柴あざらし
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2010年03月22日

    ハラハラドキドキで一気に読み終えてしまいました。
    主人公の今後がとても気になります。

    0人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと3

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

853円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      あきない世傳金と銀(4)
      あきない世傳金と銀(4)

      高田郁

      626円(税込)

    2. 2
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    3. 3
      インデックス
      インデックス

      誉田哲也

      799円(税込)

    4. 4
      満願
      満願

      米澤 穂信

      723円(税込)

    5. 5
      アイネクライネナハトムジーク
      アイネクライネナハトムジーク

      伊坂幸太郎

      648円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ