最後のロシア皇帝ニコライ二世の日記
  • Googleプレビュー

最後のロシア皇帝ニコライ二世の日記 (講談社学術文庫)
保田孝一

1,188円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 最後のロシア皇帝ニコライ二世の日記 1,080円
紙書籍版 最後のロシア皇帝ニコライ二世の日記 1,188円

商品基本情報

  • 発売日:  2009年10月13日
  • 著者/編集:   保田孝一
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  349p
  • ISBNコード:  9784062919647

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
帝政ロシア最後の皇帝となったニコライ二世。その生涯は歴史の流れの大転換を一身に体現するものであった。訪日の際の大津事件、日露戦争、第一次世界大戦への突入、革命の進行に伴う退位と抑留等、歴史的事件の渦中で彼は何を見、どう動いたのか。処刑の直前まで書き続けられた日記から、日常の政務、革命への態度、人間関係、日本観などを読み解く。

【目次】(「BOOK」データベースより)
訪日。大津で巡査に襲われ頭に負傷/長崎で竜の入れ墨をした皇太子/鹿児島・京都で受けた大歓迎/ロシア軍艦アゾフ号を天皇が訪問/レニングラードに眠っていた天皇の贈り物/天皇の謝罪を高く評価したロシア/皇太子が血道をあげたバレリーナ/父皇帝の死、即位。アリックスとの結婚/新皇帝は日露戦争に乗り気でなかった/戦争に敗れ、革命への胎動が表面化/血の日曜日事件とポチョムキンの反乱/皇帝の人間像や功罪についての誤解/国会開設。地に堕ちた専制君主の座/日露外交での日本側主役は本野大使/多難な時期にも、威厳に満ちた暮らし/ラスプーチンをめぐる宮廷の人間模様/革命から処刑へ。ロマノフ王朝の崩壊

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
保田孝一(ヤスダコウイチ)
1929年静岡県浜松市生まれ。法政大学社会学部卒。東京大学大学院修士課程で西洋古代史とロシア史を専攻。岡山大学赴任後ロシア革命前のミール(農村共同体)、日露関係史を研究。元岡山大学名誉教授。2006年逝去。研究史料は没後、岡山大学図書館、東京大学史料編纂所に寄贈された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,188円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      空也十番勝負 青春篇 恨み残さじ
      空也十番勝負 青春篇 恨み残さじ

      佐伯泰英

      699円(税込)

    2. 2
      ナミヤ雑貨店の奇蹟
      ナミヤ雑貨店の奇蹟

      東野圭吾

      734円(税込)

    3. 3
      銀翼のイカロス
      銀翼のイカロス

      池井戸 潤

      820円(税込)

    4. 4
      花咲舞が黙ってない
      花咲舞が黙ってない

      池井戸 潤

      799円(税込)

    5. 5
      コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 THE THIRD SEASON 下巻
      コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 …

      安達 奈緒子

      734円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ