氷河時代の置き手紙
  • Googleプレビュー

氷河時代の置き手紙 氷河期の研究
丹治茂雄

1,944円(税込)1,800円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1994年04月15日
  • 著者/編集:   丹治茂雄
  • 出版社:   あかね書房
  • サイズ:  全集・双書
  • ページ数:  62p
  • ISBNコード:  9784251064042

商品説明



しいていうと、子ども向けの学習の本(自然の風景写真がメイン)でしょうか?
「氷河時代の」とありますが、主に写真にとって説明してくれている舞台は、現代の北海道“大雪山国立公園”です。
大雪山は氷河期が残した「自然の宝庫」なのだそうです。

写真に収められた山々や動植物をふんだんに使いながら、どうして、このような地形になったのか、そこに住み着く動植物たちは、どのような性質を持っていて、大雪山という土地を選んで生きているのはどういう理由があってのことなのか。
特に氷河期を生き抜いて、今も大雪山に住み着いている『ナキウサギ』たちの生態については、ページを割いて詳しく説明してくれています。

説明もよく噛み砕いてあって分かりやすいし、何より作者から「わかってほしい。知ってほしい」という想いがよく伝わってくる本でした。
小学校の高学年くらいからのお子さんで、自然の世界や写真動植物に興味のある人たちにぜひ、読んでみてもらいたい作品です。(てんぐざるさん 40代・埼玉県 女の子16歳、女の子11歳)


【情報提供・絵本ナビ】

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
大雪山には、豊かな自然がいっぱい残っています。その自然の多くは、氷河期というきびしい寒さの時代を経験し、長い時間をかけてうけつがれてきました。大雪山の自然は氷河時代が残した「置き手紙」です。手紙にはどんなことが書かれているのでしょう。さあ、大雪山に登って手紙を読んでみましょう。小学中級以上。

【目次】(「BOOK」データベースより)
神がみの遊ぶ庭「大雪山」/冬のおとずれが早い大雪山/大雪山の一年の大部分は冬/雪どけの季節/雪どけ水のめぐみ/きびしい環境に生きる高山植物/命を残す仕事/大雪山の高山チョウ/もちつもたれつの関係/豊かな自然はみんなつながっている〔ほか〕

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,944円(税込)1,800円(税抜)

送料無料

お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ