おとなりさんは魔女
  • Googleプレビュー

おとなりさんは魔女 (岩波少年文庫)
ジョーン・エイケン

734円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明



まず、河本祥子(コウモトサチコ)さんの表紙の絵が目を惹きました。
かわいらしく、ひょうきんなイメージの「魔女」!
一体どんな魔女なのかしら…、ワクワクしながらページを開くと、子どもの頃に見ていた「奥さまは魔女」のオープニングのナレーションみたいな冒頭。

出版社からのお薦め年齢は、小学校中学年くらいからです。本の好きな子なら、このくらいから十分楽しく読めると思います。
アーミテージ家に巻き起こるちょっと不思議で楽しい物語が、ショートショートで10編載っています。
1話1話がたいして長くないので、寝物語にお話してあげても面白いかもしれません。(てんぐざるさん 40代・埼玉県 女の子15歳、女の子10歳)


【情報提供・絵本ナビ】

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
これから先ずっと、たいくつしませんように…おくさんのそんな願いごとがすべてのはじまりでした。魔女がおとなりで幼稚園をひらいたり、庭がユニコーンでいっぱいになったり、一家にはとんでもないできごとが連発します。小学3・4年以上。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
エイキン,ジョーン(Aiken,Joan)
1924-2004。イギリスのサセックス州ライに生まれる。幼いころから文学に親しみ、十代の後半から作品を発表しはじめる。1950年代末から本格的な作家活動に入り、1968年に出版された『ささやき山の秘密』はガーディアン賞を受賞した。作品は子どものための本だけにとどまらず、大人向けの探偵小説や、テレビの台本なども手がけた。生涯で出版された本は100冊をこえる

猪熊葉子(イノクマヨウコ)
児童文学者・翻訳家。聖心女子大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 懐かしい本
    購入者さん
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2010年09月14日

    小学生の頃『とんでもない月曜日』というタイトルで出ていた本です。廃盤になっていたのですが、新しいエピソードも追加されて、3巻のシリーズ物になって再登場しました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

734円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      孤独のすすめ
      孤独のすすめ

      五木寛之

      799円(税込)

    2. 2
      知ってはいけない 隠された日本支配の構造
      知ってはいけない 隠された日本支配の構造

      矢部 宏治

      907円(税込)

    3. 3
      戦争と平和
      戦争と平和

      百田 尚樹

      820円(税込)

    4. 4
      死ぬほど読書
      死ぬほど読書

      丹羽宇一郎

      842円(税込)

    5. 5
      「代謝」がわかれば身体がわかる
      「代謝」がわかれば身体がわかる

      大平万里

      993円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ