高等教育における聴覚障害者の自立支援
  • Googleプレビュー

高等教育における聴覚障害者の自立支援 ユニバーサル・インクルーシブデザインの可能性 (Minerva社会福祉叢書)
吉田仁美

7,020円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2010年06月
  • 著者/編集:   吉田仁美
  • 出版社:   ミネルヴァ書房
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  309p
  • ISBNコード:  9784623057504

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
高等教育機関において、障害の一つである聴覚障害が、どのような「障壁」をもたらし、また「自立」への困難さを内包しているのか。当事者自身が求める「情報保障ニーズ」、「支援ニーズ」と、その支援の方策を、質的調査から理論的に導く。その理論的背景として、「モノ」に対する「ユニバーサルデザイン」と、「ヒト」に対する「インクルーシブデザイン」を融合した「ユニバーサル・インクルーシブデザイン」という新たな概念を用い、「人と環境の相互作用」のフレームワークから、聴覚障害者支援を確立する必要性を説く。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 高等教育の大衆化問題と国連にみる障害者問題ー多様な学生たちへの支援の必要性/第1章 ユニバーサルデザイン/インクルーシブデザイン・障害と高等教育、そして女性聴覚障害者ー先行研究レビューからもたらされるもの/第2章 障害者・聴覚障害者の高等教育へのアクセスー教育のユニバーサルデザインと障害者支援/第3章 ある女子大学にみる聴覚障害者支援ー講義・演習のユニバーサルデザインの視点から/第4章 女性聴覚障害者の生活自立に向けてー生涯にわたる自立のために/終章 聴覚障害者の自立支援における今後の課題ーユニバーサル・インクルーシブデザインの可能性

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
吉田仁美(ヨシダヒトミ)
1977年岩手県生まれ。2001年法政大学法学部政治学科卒業。2003年昭和女子大学大学院生活機構研究科生活科学研究専攻修士課程修了。民間企業勤務を経て、2009年昭和女子大学大学院生活機構研究科生活機構学専攻博士後期課程修了。2002年度及び2008・2009年度独立行政法人メディア教育開発センター(現:廃止機関)特別共同利用研究員。現在、昭和女子大学人間社会学部福祉社会学科助教、同大学女性文化研究所研究員、博士(学術)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

7,020円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ