国家神道と日本人
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

国家神道と日本人 (岩波新書)
島薗進

907円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2010年07月
  • 著者/編集:   島薗進
  • 出版社:   岩波書店
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  254p
  • ISBNコード:  9784004312598

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
戦前、日本人の精神的支柱として機能した「国家神道」。それはいつどのように構想され、どのように国民の心身に入り込んでいったのか。また、敗戦でそれは解体・消滅したのか。本書では、神社だけではなく、皇室祭祀や天皇崇敬の装置を視野に入れ、国体思想や民間宗教との関わりを丹念に追う。日本の精神史理解のベースを提示する意欲作。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 国家神道はどのような位置にあったのか?-宗教地形(「公」と「私」の二重構造/「日本型政教分離」の実態/皇室祭祀と「祭政一致」体制の創出/宗教史から見た帝国憲法と教育勅語/信教の自由、思想・良心の自由の限界)/第2章 国家神道はどのように捉えられてきたか?-用語法(国家神道の構成要素/戦時中をモデルとする国家神道論/神道指令が国家神道と捉えたもの/皇室祭祀を排除した国家神道論を超えて)/第3章 国家神道はどのように生み出されたか?-幕末維新期(皇室祭祀と神社神道の一体性/新たな総合理念としての皇道論/維新前後の国学の新潮流/皇道論から教育勅語へ)/第4章 国家神道はどのように広められたか?-教育勅語以後(国家神道の歴史像/天皇・皇室崇敬の国民への浸透/国家神道の言説をつけていくシステム/下からの国家神道)/第5章 国家神道は解体したのか?-戦後(「国家神道の解体」の実態/神社本庁の天皇崇敬/地域社会の神社と国民/見えにくい国家神道)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
島薗進(シマゾノススム)
1948年東京都に生まれる。現在、東京大学大学院人文社会系研究科、文学部宗教学科教授。専攻は近代日本宗教史、宗教理論研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • なぜ靖国?
    奄美の老小猫in東京
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2010年09月29日

    国家神道を論じようという気概に触れたくて、この本を購入した。まだ目次しか読んでいないがなかなかおもしろそうである。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

907円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      マイホーム価値革命
      マイホーム価値革命

      牧野知弘

      842円(税込)

    2. 2
      孤独のすすめ
      孤独のすすめ

      五木寛之

      799円(税込)

    3. 3
      儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇
      儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

      ケント・ギルバート

      907円(税込)

    4. 4
      【予約】危機にこそぼくらは甦る 新書版 ぼくらの真実
      【予約】危機にこそぼくらは甦る 新書版…

      青山 繁晴

      950円(税込)

    5. 5
      うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった
      うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった

      藤川徳美

      799円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ