子ども虐待
  • Googleプレビュー

子ども虐待 (講談社現代新書)
西沢哲

799円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2010年10月20日
  • 著者/編集:   西沢哲
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  241p
  • ISBNコード:  9784062880763

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
なぜ親が子を?傷ついた心をどう癒すのか?30年にわたって虐待の臨床心理に取り組む著者が、経験を通して語る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 子ども虐待とは何か/第2章 虐待してしまう親の心/第3章 DVと虐待/第4章 性的虐待は子どもをどのように蝕むのか/第5章 トラウマについて考える/第6章 アタッチメントと虐待/第7章 本来の自分を取り戻すために

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
西澤哲(ニシザワサトル)
1957年、神戸市生まれ。サンフランシスコ州立大学大学院教育学部カウンセリング学科修了。現在、山梨県立大学人間福祉学部教授。虐待などでトラウマを受けた子どもの心理臨床活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 話としてはまあまあわかりやすい
    古代ギリシャ
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2016年06月21日

    訳語としての「虐待」の原語「abuse」の意味を出発点に子ども虐待の本質(養育者等による子どもの不当利用)を定義し(主に第1章)、それをもとに虐待する親の心理(親自身の不足や自己肯定観の低さなどに起因する子どもの不当利用、それを考えた際の性的虐待の意味やDVとの関連)を説き(主に第2・3・4章)、そして子ども虐待の影響やその補償要素(「トラウマ」、「アタッチメント」概念)を述べた(第5・6章)後で、被害児への治療的かかわりについての著者の考えと実践(第7章)で本書が結ばれている。エピローグで、社会の認識不足を問うているが、なぜ社会が子ども虐待防止や被害児への補償のコストを負担しなければならないのかという議論が(本書のテーマを逸脱するので別書で)必要に思われた。

    0人が参考になったと回答

  • 子育て中の方は読んで損なしだと思います。
    だいきょー
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2011年12月15日

    私は児童養護施設で働いており、勤務先でこの本を知りましたが、内容が濃く実際にあった事象を元に書かれているので、大変勉強になりました。子育てを頑張っている世の中の方には一度は読んで頂きたい本です。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

799円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      孤独のすすめ
      孤独のすすめ

      五木寛之

      799円(税込)

    2. 2
      死ぬほど読書
      死ぬほど読書

      丹羽宇一郎

      842円(税込)

    3. 3
      知ってはいけない 隠された日本支配の構造
      知ってはいけない 隠された日本支配の構造

      矢部 宏治

      907円(税込)

    4. 4
      戦争と平和
      戦争と平和

      百田 尚樹

      820円(税込)

    5. 5
      「代謝」がわかれば身体がわかる
      「代謝」がわかれば身体がわかる

      大平万里

      993円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ