楽天ブックス限定お買いものパンダしおりプレゼントキャンペーン
日本海海戦悲劇への航海(下)
  • Googleプレビュー

日本海海戦悲劇への航海(下) バルチック艦隊の最期
コンスタンティン・プレシャコフ

2,268円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

日露両国の明暗を分けた戦いで何が起きたのか。戦闘の過程をこれまでにない視点から描き出し、敗れたロシアの苦悩を活写する。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本の巧みな情報戦に翻弄される、ロジェーストヴェンスキー提督。ツァーリの優柔不断に振り回され、マダガスカルのノシ・ベとインドシナのカムラン湾で貴重な時間を無駄にしてしまう。やがて、ウラジオストクを目指すバルチック艦隊は、対馬海峡で連合艦隊と激突する。わずか数時間の戦闘で趨勢の決した日本海海戦。バルチック艦隊は、敗れるべくして敗れたのか。連合艦隊は、勝つべくして勝ったのか。日露両国のその後の明暗を分けた戦いで、何が起きたのか。戦闘の過程をこれまでにない視点から描き出し、敗れたロシアの苦悩を活写する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第2部 遅延(承前)(インド洋を越えて/ネボガートフを待つ/全速前進)/第3部 戦闘(敵はそこに/提督に続け/だらしない老いぼれ/私を海に投げ捨てろ/すぐに戻ってくる/辱めを受けたロシア人)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
プレシャコフ,コンスタンティン(Pleshakov,Constantine)
ソビエト科学アカデミーで博士号取得。1995年まで地政学センター所長。プリンストン大学、オスロのノルウェー・ノーベル・インスティテュートの特別研究員。98年から、マウント・ホリオーク・カレッジの国際関係論客員教授。現在、マサチューセッツ州アムハースト在住

稲葉千晴(イナバチハル)
早稲田大学大学院文学研究科西洋史専攻博士課程修了。名城大学都市情報学部教授。専門は国際関係論(国際政治史)、特に日露関係史、北欧研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

2,268円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ