【9月22日10時00分~9月25日9時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
ファントム(下)
  • Googleプレビュー

ファントム(下) (扶桑社ミステリー)
スザン・ケー

587円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1994年09月30日
  • 著者/編集:   スザン・ケー北条元子
  • 出版社:   扶桑社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  370p
  • ISBNコード:  9784594015398

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
世界的な手品師として暮らした後、三十代半ばになったエリックは憧れのパリに乗り込み、オペラ座の新築工事を任されることになった。工事は十数年に及んだが、地上の生活に疲れた彼はオペラ座の地下深くに秘密のすみかを作り上げ、ようやく安住の地を得る。五十歳を前に体力も衰えると、〈オペラ座の怪人〉になることを思いつき、科学知識を駆使したトリックで人々を震え上がらせた。が、そんなエリックを、新人歌手クリスティーヌとの運命の出会いが待ち受けていた。オペラの歌詞に託して壮大なスケールで語る愛の物語。

みんなのレビュー

  • オペラ座の怪人。
    ナオラヴ
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2013年03月11日

    ガストン・ルルーの「オペラ座の怪人」にインスパイヤされて後世に書かれた、いわばスピンオフのようなお話です。
    怪人の一生が画かれています。
    ミュージカル「オペラ座」のファンなので、ガストンルルーの原作も以前読みましたが、こちらの方が情景(特にオペラ座の地下)やファントム、登場人物の心情が細やかに著され理解しやすい内容でした。
    上巻の怪人の青年期までがとてつもなく悲しく暗い内容で読んでいても辛くなりましたが、下巻になるとミュージカルの内容部分に突入するので楽しんで読み進めました。
    やはり有名な原作があっての番外編のようなものなので、「オペラ座の怪人」と併せて読まれることをお勧めします。

    3人が参考になったと回答

  • 原作が読みたくて
    leche758
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年11月21日

    スタジオライフという劇団が、去年、今年と上演した
    「PHANTOM」の原作です。
    ミュージカルで有名なガストンルルーの「オペラ座の怪人」の
    ラスト数ページから構想を得て書かれた作品と、解説がありました。
    舞台も前編後編となっていたのですが、昨年見なかった私は前半がわからず
    劇場にて上巻を買い(下巻は売り切れてた)こちらで下巻を購入しました。
    物凄く深い愛の物語・・・・・
    舞台は泣きっぱなしで観ていました。
    小説を読んでいても時々泣けてきそうに・・・・・
    今「オペラ座の怪人」の方をもう一度読み返しています。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2011年01月10日

    在庫問い合わせになってたので、半分あきらめていたのですが、けっこう早く届いてよかったです。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品*

587円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      ナミヤ雑貨店の奇蹟
      ナミヤ雑貨店の奇蹟

      東野圭吾

      734円(税込)

    2. 2
      花咲舞が黙ってない
      花咲舞が黙ってない

      池井戸 潤

      799円(税込)

    3. 3
      銀翼のイカロス
      銀翼のイカロス

      池井戸 潤

      820円(税込)

    4. 4
      空也十番勝負 青春篇 恨み残さじ
      空也十番勝負 青春篇 恨み残さじ

      佐伯泰英

      699円(税込)

    5. 5
      泥棒役者
      泥棒役者

      三羽 省吾

      561円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ