【9月22日10時00分~9月25日9時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
分子生物学でダーウィン進化論を解剖する
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 生物学

分子生物学でダーウィン進化論を解剖する
井内史郎

1,944円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2010年11月
  • 著者/編集:   井内史郎
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  221,
  • ISBNコード:  9784061542976

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
進化論は、現代科学の検証に耐えられるのか?ヒトの起源にかかわる驚愕の新事実とは。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 チャールズ・ダーウィンー“偉大な落ちこぼれ”わが道を行く(神との決別に挑んだ人々/進化論の先輩、ラマルク ほか)/2章 『種の起源』-時代を吹き荒らす理論(大富豪ダーウィン/自然淘汰に至る動機/ ほか)/3章 分子生物学でダーウィン進化論を解剖する(分子生物学、進化をあばく/ヒトの遺伝現象をも説明するメンデルの法則 ほか)/4章 ヒトとはなにかー進化からみるヒトの特徴(骨は語る/骨発見がもたらす興奮 ほか)/5章 ヒトに未来はあるのか?-進化からみる問題と解決策(ヒトとイヌの結びつき/“ヒトの手”は“神の手”-キツネをイヌに変える ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
井内史郎(イウチシロウ)
1945年、徳島県生まれ。徳島大卒。1983年よりハーバード大学医学部に奉職。微生物・分子遺伝学部門首席研究員を経て、現在、細胞生物学部門主席研究員。研究手段として頻繁に選択・淘汰を用いる。研究成果は“細菌ミトコンドリア遺伝子”を調節する遺伝子arcABの発見、ヒト亜鉛含有DNA結合タンパク(basonuclin)の標的遺伝子の決定、ヒト万能細胞からの皮膚細胞の形成など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,944円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ