家康公伝(1)
  • Googleプレビュー

家康公伝(1) 関ケ原の勝利 (現代語訳徳川実紀)
大石学

2,376円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
清和天皇の子孫とされる徳川家康。天文十一年、三河国岡崎に生まれ、六歳で今川義元の人質となるが、桶狭間の戦いに乗じて独立。織田信長の盟友として三河・遠江国に版図を拡げる。姉川の戦い、武田氏との戦い、本能寺の変を経て大大名へとのし上がり、豊臣秀吉と対峙。秀吉の死後、豊臣の遺臣と対立、やがて関ヶ原の戦いを迎えることになる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
家康公伝 巻1(徳川家康の出自/六宮権現のこと ほか)/家康公伝 巻2(家康元服し、二郎三郎元信と称する/家康、岡崎に帰る ほか)/家康公伝 巻3(家康の田中城攻め/井伊直政の初陣 ほか)/家康公伝 巻4(徳川、北条および真田三氏の関係/秀吉、北条氏の上洛を促す ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大石学(オオイシマナブ)
1953年、東京都生まれ。筑波大学大学院博士課程単位取得退学。東京学芸大学教授

佐藤宏之(サトウヒロユキ)
1975年、新潟県生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学、博士(社会学)。鹿児島大学教育学部准教授

小宮山敏和(コミヤマトシカズ)
1976年、山梨県生まれ。2009年、学習院大学大学院人文科学研究科史学専攻博士後期課程修了、博士(史学)。現在、国立公文書館公文書専門員

野口朋隆(ノグチトモタカ)
1971年、埼玉県生まれ。2006年、九州大学大学院比較社会文化学府博士後期課程修了、博士(比較社会文化)。現在、佐賀大学地域学歴史文化研究センター非常勤博士研究員、福岡大学人文学部非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

2,376円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ