異類という物語
  • Googleプレビュー

異類という物語 『日本霊異記』から現代を読む (「叢書」物語の冒険)
岡部隆志

2,052円(税込)1,900円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1994年10月20日
  • 著者/編集:   岡部隆志
  • 出版社:   新曜社
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  206p
  • ISBNコード:  9784788505032

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
見なれたものが、あるときふいに「ぶきみなもの」「得体の知れぬもの」になることがある。その驚きが物語体験となる。〈異類〉をキーワードに、『霊界記』と近現代の小説との往還のなかに物語の原基を探りだすスリリングな試み。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 異類の起源(多和田葉子『犬婿入り』を読む/大きな蛇に犯され、蛇に愛欲を抱いた女/異類はどうして現われるのか/異界を失った異類)/2 異類を生きる(徳田秋声『あらくれ』を読む/『あらくれ』における「継子譚」と「六部殺し」の役割/道場法師の孫娘/市に現われる異類)/3 親和としての異類(富岡多恵子『遠い空』を読む/異類としての子供/泣きいさちる異類)/4 異類を鎮める(古井由吉『夜の香り』を読む/『歴異記』の宗教者たち/神仏に近づく技術)/5 現われない異類(二葉亭四迷『浮雲』を読む/物語の〈終わり〉/説明のカタルシス/描れない異類)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

2,052円(税込)1,900円(税抜)

送料無料

お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ