【8月23日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
抑うつと自殺の心理学
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 医学・薬学 > 医学

抑うつと自殺の心理学 臨床社会心理学的アプローチ
坂本真士

4,968円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2010年12月
  • 著者/編集:   坂本真士
  • 出版社:   金剛出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  362p
  • ISBNコード:  9784772411660

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「臨床の経験則」と「実証研究理論」、「メンタルヘルス向上のための臨床実践」と「メンタルヘルスの社会的パースペクティヴ」、「再発予防のメンタルヘルス・ケア」と「再発因子を特定するデータ分析」は、いずれも対立なく宥和する。社会のなかに発生因をもつ「抑うつ」と「自殺」への心理援助は、社会心理学の知見を応用することで初めてその目的を完遂する。社会心理学と臨床心理学の「境界領域」から、ふたつの心理学が技術と知見を分かちあう可能性に賭け、相互補完的に真の人間理解・真の心理援助へと向かうことを提言する、新たな時代の総合的アプローチ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 臨床心理学と社会心理学のインターフェイス/2 抑うつへの心理援助(抑うつとは/個人から見た抑うつ/対人関係から見た抑うつ/社会における抑うつ・精神疾患)/3 自殺への心理援助と予防の実践(自殺行動の社会心理学的パースペクティブ/自殺報道について/地域における予防の実践/大学における予防の実践)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
坂本真士(サカモトシンジ)
日本大学文理学部教授。1966年横浜生まれ。1990年3月東京大学教養学部教養学科第1人間行動学分科卒業、1992年4月東京大学大学院社会学研究科修士課程修了(社会学修士)、1995年3月東京大学大学院社会学研究科博士課程修了(博士(社会心理学))。1995年9月〜1998年8月科学技術特別研究員(国立精神・神経センター精神保健研究所)、1998年9月〜1999年3月大妻女子大学人間関係学部設置準備室専任講師、1999年4月〜2003年3月大妻女子大学人間関係学部専任講師、2003年4月〜2008年3月日本大学文理学部助教授、2008年4月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

4,968円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ