量子もつれとは何か
  • Googleプレビュー

量子もつれとは何か 「不確定性原理」と複数の量子を扱う量子力学 (ブルーバックス)
古澤明

864円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版でもご購入可能です!

商品基本情報

  • 発売日:  2011年02月
  • 著者/編集:   古澤明
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  190p
  • ISBNコード:  9784062577151

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
アインシュタインを悩ませた「量子もつれ」の正体とはなんだったのか?不確定性原理と波の重ね合わせから導き出される量子もつれを駆使して、まったく新しい量子力学の考え方を提示する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
量子力学とは/テクノロジーの進歩と量子化の必要性/振り子の量子化/光の量子化/レーザー光と量子ゆらぎ/量子エンタングルメント/量子光学を用いたEPRペアを生成するための準備/量子光学を用いてEPRペアを生成/量子光学を用いた量子エンタングルメント検証実験/単一光子状態の生成/量子テレポーテーション/多量子間エンタングルメントと量子エラーコレクション実験

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
古澤明(フルサワアキラ)
1961年埼玉県生まれ。1986年東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻修士課程修了。(株)ニコン開発本部研究所(東京都品川区)、同筑波研究所(茨城県つくば市)、東京大学工学部物理工学科助教授を経て、2007年より、東京大学工学部物理工学科・大学院工学系研究科物理工学専攻教授。工学博士。1996年から2年間、カリフォルニア工科大学客員研究員。1998年に成功した決定論的量子テレポーテーションの実験は、Science誌が選ぶ1998年の10大成果に選出された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • とても面白い
    狐似狼
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2013年11月17日

    前作が難しすぎたという反省から,本書は相当分かり易くしかも興味が持てるように描かれています.量子光学工学の面白さがよくわかりました.

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    hatsuyuki5823
    評価 2.00 2.00
    投稿日:2011年05月19日

    やさしく解説すると著者の前置きがありましたが、やっぱり難解でした。途中で面白くなくなって読むのをやめました。

    0人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

864円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      死ぬほど読書
      死ぬほど読書

      丹羽宇一郎

      842円(税込)

    2. 2
      孤独のすすめ
      孤独のすすめ

      五木寛之

      799円(税込)

    3. 3
      旭日、遥かなり(6)
      旭日、遥かなり(6)

      横山信義

      972円(税込)

    4. 4
      ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人
      ついに「愛国心」のタブーから解き放たれ…

      ケント・ギルバート

      907円(税込)

    5. 5
      消費税は下げられる! 借金1000兆円の大嘘を暴く
      消費税は下げられる! 借金1000兆円の大…

      森永 卓郎

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ