人権宣言論争
  • Googleプレビュー

人権宣言論争 イェリネック対ブトミ-
ゲオルク・イェリネク

4,104円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
人権宣言の起源は何か。宗教改革、アメリカ革命、フランス革命を背景に、人権理念を現実の法律に転化する歴史の中の力を探る。カッシーラー論文を付す。

【目次】(「BOOK」データベースより)
人権宣言論(一七八九年八月二六日のフランスの『権利宣言』とその意義/ルソーの『社会契約論』はこの『宣言』の淵源ではないということ/『宣言』の模範は北アメリカ諸州の『権利章典』にあるということ/ヴァージニアおよびその他の北アメリカ諸州の『宣言』/フランスの『宣言』とアメリカの『宣言』との比較/アメリカの『権利宣言』とイギリスの『権利宣言』の対照性/普遍的な人権を法律によって確定せんとする観念の淵源はアメリカのイギリス人植民地における信教の自由であるということ/自然法論だけでは人および市民の権利の体系は産み出されなかったということ/人および市民の権利の体系はアメリカ革命中につくり出されたのだということ/人権とゲルマン的法観念)/人権宣言とイェリネック氏(エミール・ブトミー)/人権宣言論再論-ブトミー氏への回答(ゲオルク・イェリネック)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

4,104円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ