[楽天スーパーSALE] 半額セール&ポイント最大7倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
【12月7日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
注射薬配合変化予測の実際
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 医学・薬学 > 薬学

注射薬配合変化予測の実際
仲川義人

6,264円(税込)5,800円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1997年04月10日
  • 著者/編集:   仲川義人
  • 出版社:   医薬ジャ-ナル社
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  267p
  • ISBNコード:  9784753216291

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書は臨床の場で見られる多くの実践的な問題点を広く捉え、物理化学的変化に関する考え方、混合後の主薬に対する添加剤の影響、輸液バッグおよび輸液セットへの主薬の吸着、高カロリー輸液(TPN)調製時の問題点、さらには配合変化に関する多施設の実例を収集してQ&Aの形で記載するなど、注射薬配合変化に関する複雑多岐にわたる問題について、これまで果敢に取り組んできた注射薬配合変化予測研究会会員の方々が分担執筆、編集したもの。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 総論/2 配合変化予測試験法の歴史/3 臨界点pHの求め方と配合変化予測への応用/4 輸液製剤の歴史/5 末梢輸液製剤の新しい分類の試み/6 亜硫酸塩の功罪/7 注射薬と医療器具との相互作用/8 ソフトバッグの包装について/9 高カロリー輸液(TPN)の調製と問題点/10 輸液管理/11 配合変化Q&A/12 輸液調製に必要な電解質の正常値

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

6,264円(税込)5,800円(税抜)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ