【9月22日10時00分~9月25日9時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
加藤司書の周辺
  • Googleプレビュー

加藤司書の周辺 筑前藩・乙丑の獄始末
成松正隆

2,262円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1997年04月
  • 著者/編集:   成松正隆
  • 出版社:   西日本新聞社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  478p
  • ISBNコード:  9784816704369

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
元治二年四月七日、慶応と改元した。理由は、前年の元治元年に禁門の変があり、世情不穏とあって徳川慶喜が内々に申願したといわれている。この年、筑前藩では前家老の加藤司書ら勤王派を根こそぎ弾圧した。この勤王派弾圧事件では、姫島に流された野村望東尼らを含め百八十余人が断罪された。これで筑前藩は有為な人材を失い、明治維新に取り残された。当時の家族構成を一家四、五人として、そのほか親族や知人を含めると千人以上の人々が関係し、被害にあったことになる。城下町は火の消えたように寂として声がなかった。幕末・維新期には、この『乙丑の獄』のあとも、福岡では『戊辰の藩難』『太政官札贋造事件』『筑前竹槍一揆』『福岡の変』とつづき、非命の歴史を重ねた。以来、現在まで百三十余年の歳月が流れた。えてして歴史は勝者の立場で語られる。本書では敗者の側から視点を当てた。

【目次】(「BOOK」データベースより)
喬木、風に折れる/根を截ち、葉を枯すべし/非命に倒れる/筑前藩の推移/家臣団の構成/加藤家の出自/司書の肖像/筑前勤王党/平野国臣小伝/脱藩士列伝/第一次長州征伐〔ほか〕

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

2,262円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      多動力
      電子書籍多動力

      堀江貴文

      1,436円(税込)

    2. 2
      簡単に作れる!重宝する!味が決まる! 小瓶保存食の便利レシピ
      電子書籍簡単に作れる!重宝する!味が決まる! …

      谷島 せい子

      108円(税込)

    3. 3
      お医者さまが教える 一生太らない食べ方
      電子書籍お医者さまが教える 一生太らない食べ方

      シュシュアリス編集部

      108円(税込)

    4. 4
      本気で片づけたい人の 整理・収納のルール
      電子書籍本気で片づけたい人の 整理・収納のルール

      飯田 久恵

      200円(税込)

    5. 5
      東大から刑務所へ
      電子書籍東大から刑務所へ

      堀江貴文

      841円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ