視線の物語・写真の哲学
  • Googleプレビュー

視線の物語・写真の哲学 (講談社選書メチエ)
西村清和

1,677円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1997年06月10日
  • 著者/編集:   西村清和
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  282p
  • ISBNコード:  9784062581066

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
写真という「自然の鉛筆」。そこに、潜在する数多の未知の物語。「撮る」「撮られる」「見る」-三つの視線はけっして収斂しない。宙づりの視線たちが紡ぎだす多義的な物語とは?カメラ・アイに潜む「匿名の視線」とは?「写真行為の哲学」が、あらたな視線の倫理(エートス)を要請する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 あらたな視覚経験/第1章 写真という物語/第2章 アイデンティティーのゆらぎ-肖像写真/第3章 イメージ・デモクラシー/第4章 外貌の解釈学-顔写真/第5章 欲望のファンタジー-ポルノ写真/第6章 写真行為のエートス-報道写真

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,677円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ