期間限定 全品ポイント10倍以上!開催期間:3月24日(金)00:00から3月31日(金)23:59まで いつでも全品送料0円

上記キャンペーンの開催に伴い、期間中のご注文は発送が遅れる可能性がございます。

皇国の連合艦隊(2)
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > 小説・エッセイ

皇国の連合艦隊(2) 日米戦争勃発 (コスモノベルス)
羅門祐人

925円(税込)857円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2000年11月
  • 著者/編集:   羅門祐人
  • 出版社:   コスミック出版
  • サイズ:  新書
  • ページ数:  197p
  • ISBNコード:  9784774704067

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日米が開戦してほぼ半年が経過した1944年、皇国は重大な問題に直面していた。アメリカが蘭領東インド(現ボルネオ)を租借したのだ。ここから米艦隊が出撃するとなれば皇国の物資補給が困難になる。ここにおいて、海軍は「波号」作戦を発令した。蘭領インドを封鎖し、もし米海軍機動部隊が出現すれば、一挙に殲滅するというものだ。だが、改選を控えたルーズベルト大統領は、国民の人気を回復すべく対日戦の勝利を望んでいた。大西洋の戦艦や新鋭空母をすべて太平洋にまわし、皇国海軍に壊滅的打撃を与え再選を確実にしようとの思惑なのだ。このために集結した戦艦7隻、正規空母8隻、重巡10隻。皇国情報省の予測をはるかに上回る陣容だった。対する皇国海軍もまた、正規空母8隻を筆頭に持てる戦力のすべてを結集させた。井上成美、小沢治三郎、南雲忠一の三提督が渾身の知恵を絞って立ち向かう航空撃滅戦と艦隊決戦。中部太平洋に日米の精鋭が激突、国家の存亡を賭けた風雲が渦を巻く。

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

925円(税込)857円(税抜)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      すべての教育は「洗脳」である
      すべての教育は「洗脳」である

      堀江貴文

      799円(税込)

    2. 2
      応仁の乱
      応仁の乱

      呉座勇一

      972円(税込)

    3. 3
      儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇
      儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

      ケント・ギルバート

      907円(税込)

    4. 4
      フィリピンパブ嬢の社会学
      フィリピンパブ嬢の社会学

      中島 弘象

      842円(税込)

    5. 5
      それでもこの世は悪くなかった
      それでもこの世は悪くなかった

      佐藤 愛子

      842円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ